PR
広告

アプローチS62ユーザーが徹底比較!ガーミンゴルフの最新モデルアプローチS70の比較と商品解説&評価

アプローチS62ユーザーが徹底比較!ガーミンゴルフの最新モデル、アプローチS70の比較と商品解説&評価 ゴルフ
記事内に広告が含まれています。
あまがみ
あまがみ

こんにちは!あまがみ

@bianchilupo0805です♪

数あるサイトの中から当ブログを選んでいただきありがとうございます!

このブログではゴルフ用品販売歴10年以上のあまがみが、失敗しないゴルフ用品の選び方を発信しています♪

最近ではアマチュアゴルファーでも非常に使用率が高くなっているゴルフ距離計。

特に2019年のR&Aのルール改正で一部のゴルフ距離計の使用が認められて以降急速に使用率が高まりました。

あまがみ
あまがみ

私の体感では使用率50~60%はあると感じています!

GPSタイプの距離計が使われだしたのが約10年ほど前くらいと記憶してますが、当初はGPSの精度も低くグリーンのセンターとの直線距離を測るのみのものでした。

しかし現在はGPSの精度も上がり様々な機能が搭載されたモデルが多くのメーカーから発売され、選びかたも多種多様になっています。

👇ゴルフ距離計の基本,選び方はコチラ👇

【2024年完全版】ゴルフ距離計(測定器)の種類と選び方をわかりやすく徹底解説!
ゴルフのラウンドでウィルス感染対策が問われる昨今、セルフプレーが新しいゴルフ様式になりつつあります。そんな中、注目されているがゴルフ測定器。アマチュアゴルファーも使用率も50%を超えていますが、結構な高額な商品です。今回は失敗しないゴルフ距離計選びをサポートすべく、距離計の種類や選び方を徹底解説します!

そしてその中でも圧倒的なクォリティの機種を多数発売し、人気の高いメーカーがGARMIN(ガーミン)です!

あまがみ
あまがみ

製品のクォリティも高いのですが、なによりカッコいい!

上のInstagramの商品は2020年に発売した商品で非常に人気が高い商品であまがみも愛用している商品です。

そして今年の2023年5月31日に待望の後継モデルアプローチS70が発売されました!

今回はこのアプローチS70について

  • アプローチS70のスペック
  • アプローチS70の特徴
  • アプローチS70とS62の違い
  • アプローチS70を購入すべきゴルファー

を徹底的に解説していきたいと思います。

あまがみ
あまがみ

先にガーミン、アプローチS70のあまがみ評価をいってしまいます!

ガーミン アプローチS70評価

ガーミン、アプローチS70を簡単に総評すると

アプローチS70の総評
  • ゴルフ距離計として機能、品質ともに最強!
  • 一部機能に月額料金が発生するのが非常に残念
  • 多くのショットデータが抽出できるので上達が早まる
  • スマートウォッチとしても大活躍!
  • 見た目もめちゃくちゃカッコいい!
  • 高い!でも後悔はしない!

こんな感じです!

ちなみにアプローチS62ユーザーとして今回S70に買い替えるか非常に悩みましたが、今のところS62を使い続ける選択肢をとっております。

あまがみ
あまがみ

その理由もS70とS62の違いの部分でお話します。

47mmモデル
42mmモデル
広告

ガーミンとは

Garminは1989年に設立され、米国に本社を構えている、最先端のGPSナビゲーション製品をリリースしているメーカーです。

そしてその範囲は広く、ゴルフをはじめとするスポーツ・アウトドア、カーナビ、海図や魚群探知機などのマリン用品等の製品を出しています。

ガーミンが競合として相手にしているのはアップル社のアップルウォッチです。

ですのでデバイス自体のクォリティは非常に高くGPSの精度や安定感も抜群です。

あまがみ
あまがみ

GPS内蔵のウォッチとしてはガーミンはパイオニア!

ガーミン Approach(アプローチ)S70のスペック

ガーミン、アプローチS70はゴルフ専用のモデルとしてはハイエンドモデルです。

あまがみ
あまがみ

フェニックスやエピックという機種もありますが、あちらはビジネスアスリートモデルにゴルフモードが搭載されているというスタンスです。

それではアプローチS70の本体スペックを見ていきましょう。

今回のアプローチS70は47mmタイプと42mmタイプの2種類のラインナップ。

この2機種と前作のアプローチS62のスペック比較表を作成しました

アプローチS70
47mm仕様
アプローチS70
42mm仕様
アプローチS62
レンズ素材Corning®Gorilla®ガラス3Corning®Gorilla®ガラス3Corning®Gorilla®ガラス3
ベゼル素材セラミックセラミックセラミック
ストラップ素材シリコンシリコンシリコン
本体サイズ幅47 高さ47 厚さ14mm幅42 高さ42 厚さ13mm幅47x高さ47x厚さ14.8 mm
重量 56g44g61g
稼働時間ゴルフモード:最大20時間
スマート時計:最大16日間
ゴルフモード:最大15時間
スマート時計:最大10日間
ゴルフモード:最大20時間
スマート時計:最大14日間
防水等級 5ATM 5ATM5ATM
ディスプレイタイプAMOLED
(有機ELディスプレイ)
AMOLED
(有機ELディスプレイ)
半透過型メモリー
インピクセル(MIP)
ディスプレイサイズ直径1.4インチ(35.41mm)直径1.2インチ(32.02mm)直径1.3インチ(33.02mm)
解像度454×454ピクセル390×390ピクセル260×260ピクセル
内蔵メモリ/履歴32GB32GB1GB
捕捉衛星GPS、グロナス、ガリレオ
みちびき(L1S信号対応)
GPS、グロナス、ガリレオ
みちびき(L1S信号対応)
GPS、グロナス、
みちびき(L1S信号対応)
GNSSマルチバンド ✖
コンパスセンサー
ジャイロセンサー
加速度センサー
気圧高度計
心拍センサー
環境光センサー
価格税込99,800円税込93,800円税込81,800円

防水性能の5TMは水深50m防水相当になります。

各モデルの詳細スペックはガーミンジャパン公式サイトよりご確認ください。

前作アプローチS62との違い

まずは今作アプローチS70(47mm)とアプローチS62との違いをみていきます。

前作アプローチS62との大きな違いは以下のとおり。

  • 液晶画面がAMOLEDに進化
  • 捕捉衛星にガリレオが増えた
  • GNSSマルチバンドが可能になった
  • 気圧高度センサーが搭載された
  • 画像解像度がかなり上がって見やすくなった
  • 内蔵メモリが1GBから32GBに上がりサクサク作動するようになった
  • 価格がかなり上がった

液晶画面がAMOLEDに進化

まず前作のは液晶が、

半透過型メモリーインピクセルからAMOLED(有機ELディスプレイ)に進化している点!

かなり画面が明るくなり屋内、屋外、天候に左右されず見やすくなりました。

捕捉衛星にガリレオが増えた

2016年に運用が開始された主にヨーロッパ地域の捕捉が得意なガリレオの衛星が補足可能となり、さらにGPSの精度と安定性が高くなりました。

GNSSマルチバンドが可能になった

GNSSマルチバンド機能
出典:ガーミンジャパン

GNSSマルチバンドとは衛星のL1信号とL5信号の2つの周波数帯を使用し、より一貫性のある安定した軌跡を実現し、干渉が多い環境でデバイスを使用する際にの測位精度を向上させることができるシステムです。

これは、受信機が各衛星からの複数の信号を異なる周波数で追跡するので環境干渉による誤差を低減することができます。

あまがみ
あまがみ

メーカーや機種によって特定の場所でいつも距離が合わなくなったり、計測できなくなったりというのはGPSあるあるですが、このGNSSマルチバンドでこういう事象を減らすことが可能になりました!

気圧高度センサーが搭載された

高度計

今作のアプローチS70からは気圧高度センサーが搭載されました。

これにより、標高や天候などで左右される気圧を加味した飛距離表示が可能になりました!

あまがみ
あまがみ

ゴルフ距離計の機能面としてはこのセンサーの追加が大きいですね!

画像解像度がかなり上がって見やすくなった

ガーミンアプローチS70コースレイアウトグラフィック向上

アプローチS70は前作S62の260×260ピクセルから454×454ピクセルに向上したため、超すレイアウトのグラフィックがかなり向上しました。

またコースレイアウトは任意のサイズに拡大、縮小できるように進化しています。

あまがみ
あまがみ

前作のS62のグラフィックでも正直困っていませんでしたが、今作はさらにグラフィックが向上、よりリアルな絵になっています。

内蔵メモリが1GBから32GBに上がりサクサク作動するようになった

内蔵メモリは32倍の32GBまでアップしているので、非常に動作が軽くサクサク動きます!

ただこの容量アップは今作からLINEMusicやSpotifyなどから音楽データをダウンロードしてプレーヤーとして聞くことができる機能がついたので、そのための容量アップも大きいと思われます。

あまがみ
あまがみ

スマートウォッチとしての性能も格段に上がっているのでこの大容量になっていそうです。

価格がかなり上がった

前作の税込81,800円から今作は税込99,800円と18,000円も価格が上がりました。

あまがみ
あまがみ

S62ユーザーは買い替えるかどうかかなり悩む金額です…

その他の細かな違い

その他細かいスペック変更としては以下のとおり。

細かいスペックの違い
  • ディスプレイが1.3インチから1.4インチにサイズUPした
  • 本体の薄さが0.8mm薄くなった
  • 環境光センサーが搭載され画面を手で覆うとパワーセーブモードになる
  • 心拍センサーが新世代タイプに進化し精度が上がった

S70(47mm)とS70(42mm)のスペックの違い

S70(47mm)とS70(42mm)のスペックの違い

前作のアプローチS62は本体が大き目で女性ゴルファーが扱いにくく、ひとまわり小さくて軽いがスペックが大きく落ちるアプローチS42を購入するケースが非常に多かったです。

今作のアプローチS70は前作S62と同等サイズの47mmサイズと、ワンサイズ小さい42mmサイズの2種類展開になっています。

あまがみ
あまがみ

これで女性ゴルファーがサイズ感でスペックダウンしなくても済みます♪

ただし47mmと42mmでサイズ感以外にもスペックが多少異なるので比較していきます。

アプローチS70
47mm仕様
アプローチS70
42mm仕様
本体薄さ14mm13mm42mmのほうが若干薄い
稼働時間1.4インチ1.2インチ画像でわかる通り0.2インチでも結構サイズ感は変わる
重量56g44gこちらも体感で違いがわかるくらいの重量差
稼働時間ゴルフモード:最大20時間
スマート時計:最大16日間
ゴルフモード:最大15時間
スマート時計:最大10日間
個人的には15時間でも十分ロングバッテリーだと思う
解析度454×454ピクセル390×390ピクセル体感での違いはあまりない
GNSSマルチバンドここの機能の有無が一番の重要ポイント
価格税込99,800円税込93,800円約6,000円の違い

注目点はマルチバンドの有無。

この機能があるかないかで、GPSの安定感の違いが出てきます。

ただマルチバンドなしでも他メーカーのGPSより安定感は高いと個人的には感じているので、他メーカーとの比較で考えるのであれば、42mmモデルでも問題ないと感じています。

バッテリー性能も20時間から15時間に減りますが、15時間でも十分すぎるバッテリー性能なのであまり気にしなくても良いと感じています。

あまがみ
あまがみ

結論をいうと、多少スペックの違いはありますが、気にせずサイズ感で選んでよいかなと思います♪

アプローチS70の機能

アプローチS70のラウンド中の主な機能

アプローチS72の主なゴルフラウンド機能は以下のとおり。

S70のラウンド中の主な機能
  • 進化したPlaysLike距離とバーチャルキャディ
  • Green Contour(グリーン傾斜情報)
  • 3点間距離表示
  • 風速/風向き表示
  • ピンポインター
  • グリーンビュー
  • ハザードビュー
  • オートショット&スコア機能
  • スイングテンポ測定機能
あまがみ
あまがみ

この機能の多さ!まさに最強のGPSゴルフ測定器です!

ラウンド中の機能としても他の追随を許さない商品になっています!

各機能を簡単に解説していきます。

進化したPlaysLike距離とバーチャルキャディ

ApproachS70_Black_front_playslike_map_data
出典:ガーミンジャパン

PlaysLike距離は一般的に高低差機能でコースの起伏を加味した実際に打つべき距離を表示する機能です。

しかしアプローチS70は

  • コースの高低差
  • 風速・風向
  • 気圧

を加味した実際に打つべき距離を表示してくれます。

※風速・風向・気圧データを取得するにはガーミンゴルフアプリと連動する必要があります。

また、番手別のショットデータを記録している場合、そのデータを基にその距離をどの番手のクラブで打つべきか教えてくれます。

あまがみ
あまがみ

こうなると本当にキャディの仕事を距離計がしている感じです!

※番手別のショットデータを取るには、ショット毎に手動で使用番手を入力するか、別売りのクラブ装着型のセンサー「CT10」を装着、本体と同期して自動で記録をとる方法があります。

ゴルフショップ ウィザード
¥49,800 (2024/02/21 10:09時点 | 楽天市場調べ)

Green Contour(グリーン傾斜情報)

ApproachS70_Black_front_green_contour
出典:ガーミンジャパン

アプローチS70はグリーンアンジュレーション(起伏)を表示できます。

しかしGreen Contourを利用するには、ガーミンゴルフのアプリからGarmin Golf Membership(Garmin Golf App有料サブスクリプション プラン)に入会する必要があります。

月額1,180円、年間一括で11,800円です。

あまがみ
あまがみ

月額料金は本当にきついです💦

せめてコースごとの買切りにしてほしい…

3点間距離表示

アプローチS623点間距離
画像はアプローチS62

3点間距離はコースレイアウトの任意の場所をタップすることで、現在地からタップした場所、タッチした場所からグリーンセンターまでの距離を表示できます。

あまがみ
あまがみ

レイアップの時やドックレックのコースとかで重宝する機能ですよ♪

風速/風向き表示

ガーミンアプローチS62風速風向表示
画像はアプローチS62

アプローチS70は風向と風速を表示することができます。

※風速・風向を取得するにはガーミンゴルフアプリと連動する必要があります。

あまがみ
あまがみ

正直このデータは実測ではなく定期的に更新される天気データなのでタイムラグがあったり場所による誤差があったりと正確性は微妙かもしてません💦

ピンポインター

ピンポインター機能アプローチS62
画像はアプローチS62

アプローチS70はコンパスセンサーが搭載されているので、ピンポインター機能で常にグリーンの方向を把握できます。

あまがみ
あまがみ

ドッグレックや丘越えなどグリーンが見えないコースで重宝します!

グリーンビュー機能

ApproachS70_Black_front_GreenView
出典:ガーミンジャパン

グリーンの形状やレイアウトを表示します。手動でピン位置の調整も行えます。

※サブスク入会でグリーンアンジュレーションも同時に表示されます。

ハザードビュー

ApproachS70_Black_front_hazard_view
出典:ガーミンジャパン

コース全体のハザードの位置をマップ上に表示し、見えないハザードの把握に役立ちます。

あまがみ
あまがみ

基本的にはこのハザードビューとPlaysLike距離、グリーンビューの3つの画面でプレーする感じになります。

オートショット&スコア機能

アプローチS70はショットを自動で検知することで、

  • 自動でスコア管理
  • ショットデータの取得
  • 飛距離の測定

をすることができます。

※アドレス時に2秒ほど静止することで素振りかショットか見極めているので、ショット時はアドレス時にしっかり静止してから打つようにしてください。

ただ、チップショットやパッティングは精度が非常に低いので、ショットデータが記録されない場合が多いです。

なので50y以内で使用するウェッジとパターに先ほど紹介したCT10を装着、本体に同期することで、ほぼ100%自動でスコアと飛距離、ショットデータを記録することができます。

あまがみ
あまがみ

番手も全部記録するなら、全番手にCT10が必要ですが、スコアとショットデータだけ取得するならセンサー3つでほぼ問題なく取得できますよ♪

テンポ測定モード

Approachs62テンポ測定モード
画像はアプローチS62

アプローチS70にはスイングテンポ測定モードがあり、いつでも、どこでもスイングテンポを測定できます。

アプリ連携で多彩なショットデータを取得可能

Garmin Golf
Garmin Golf
開発元:Garmin
無料
posted withアプリーチ

ガーミンのゴルフ距離計は専用のガーミンゴルフというアプリと連携し、オートショット機能やCT10による番手別のショットデータにより、ラウンド後に多数のショットデータなどを確認することができます。

あまがみ
あまがみ

ラウンド中の機能もすごいですが、ガーミンの真骨頂はこのアプリの充実度なんです!

主に確認できる項目として

  • スコア管理とスコア推移
  • ショットデータの確認
  • ショット分析

以上のデータを確認できます。

スコア管理とスコア推移

ガーミンスコアカード

このような感じでオートショット機能とCT10のクラブトラッキング機能を使ってほぼ自動でスコアカードを作成してくれます。

※私はCT10の3個入りを購入してウェッジ2本とパターに装着、スコアを全自動で取得できるように環境を整えています。

あまがみ
あまがみ

たまに誤作動を起こしたりする場合があったりするので、手動でスコアを修正することはあります。

また、OBなどのペナルティがあった場合やOKパットの場合も手動で入力する必要があります。

ちなみに私はラウンド前に同伴者にOKパットの場合クラブトラッキングをとるので一打分打たせてくださいとお事前に願いしています。

コースごとの累計データやコースごとのスコアの推移なども表示されるので、自分がどのように上達しているのか確認することが可能です。

ガーミンゴルフラウンドデータ

合わせてそのコースでの

  • 平均スコア
  • ホールごとの平均パット
  • 平均パーオン率
  • ドライバーショットの精度
  • 最長飛距離

を表示することもできます。

ショットデータの確認

ガーミンゴルフショットデータ

スコアを自動で取得する際にショット位置も記録しているので、画像のようにどこから打って何ヤード飛んだかをショットデータとして表示できます。

パットと短い距離だけ番手が表示されているのは、そのクラブにCT10を装着しているためです。

あまがみ
あまがみ

全番手にCT10をつけるとすべての地点ショットで番手が表示され、ラウンド中にバーチャルキャディ機能も発動します。

ショット分析

ガーミンゴルフ ショット分析

アプローチS70で取得したデータで以下のショット分析ができます。

  • ドライバー(ティショット)精度
  • アプローチショット精度
  • チップショット精度
  • パッティング精度

※このうち、チップ精度、パッティング精度はCT10装着で表示される機能です。

あまがみ
あまがみ

繰り返しになりますがアプローチS42以上のスペックをお持ちのユーザーはCT10を3個のみ装着することで格段に利便性が上がります!

そしてCT10をすべてのクラブに装着することで以下のショット分析が可能になります。

  • クラブ統計(番手別の一覧での平均飛距離管理)
  • パフォーマンススタッツ(各番手の飛距離、方向性の分析)
  • ショット貢献度(クラブ別ショット精度の可視化)

一応CT10がなくても打つたびに手動でクラブ選択を入力すればデータは出せるのですが、かなり面倒です💦

あまがみ
あまがみ

一度チャレンジしましたが、時間かかるし、操作が漏れるし、大変なので挫折しました💦

このような感じでガーミンゴルフアプリと連動することでプロゴルファーになったかのようなショット分析が可能になり上達をサポートしてくれます!

あまがみ
あまがみ

そして何より、この振り返る時間が楽しいです♪

自動更新機能

アプローチS70は自動更新機能が備わっており、最新データを検知するとアプリ同期時に自動的にデータを更新してくれるので、常に最新のバージョンで使用できます!

あまがみ
あまがみ

この機能は結構ありがたい!データ更新でつまずく人が多いので💦

スマートウォッチ機能

スマートウォッチ機能アプローチS62
画像はアプローチS62

アプローチS70はゴルフ距離計としての用途以外にスマートウォッチとしての機能も充実しています!

ガーミンの距離計が高額でも人気がある理由として、スマートウォッチとしての性能も高く普段使いもするので元が取れと考える方が多いということも大きいです

あまがみ
あまがみ

冒頭でもふれましたが、スマートウォッチとしてならアップルウォッチにひけをとらないクオリティですよ!

スマートウォッチ機能はガーミンゴルフのアプリとは別に「ガーミンコネクト」というアプリをダウンロードし同期することで利用できます。

Garmin Connect™
Garmin Connect™
開発元:Garmin
無料
posted withアプリーチ

使用できる主な機能は以下のとおり。

あまがみ
あまがみ

ここはゴルフ機能とはあまり関係ないのでサクッと行きます。

主なデイリースマート機能
  • GPS時間同期可能な時間/日付
  • アラーム・タイマー・ストップウォッチ
  • 日の出/日没時刻
  • 通知機能
  • テキスト応答/テキストによる電話拒否(Android のみ)
  • カレンダー
  • 天気情報
  • スマートフォン音楽再生操作
  • ミュージックプレーヤー
  • 音楽ストレージ
  • スマートフォン・デバイス探索
  • Garmin Pay
  • Suica
  • 事故検出時のスマートフォン通知
  • 援助要請機能

アプローチS70から音楽ストレージができるようになったので、LINEMUSICやSpotifyなどのアプリから音楽データをダウンロードして、アプローチS70本体のみで音楽を楽しめるようになりました!

また、緊急時の応援要請機能などが追加されています。

あまがみ
あまがみ

私がよく使うのはスマホ探索機能。スマホをよく紛失するので非常に役立っています。

続きまして健康管理の機能

ガーミン 健康管理
主な健康モニタリング機能
  • 手首ベースの心拍測定
  • ステップ数(歩数計)
  • 消費カロリー
  • 呼吸数
  • 血中酸素トラッキング
  • フィットネス年齢
  • ボディバッテリーエネルギーモニター
  • ストレスレベル計測
  • リラックスタイマー
  • 睡眠モニタリング
  • 水分補給多ラッキング
  • 女性のための健康トラッキング
  • 時差ぼけアドバイザー
  • 移動距離

アプローチS70は他のスポーツに特化にしたアプリケーションも内蔵されているので様々なスポーツの分析が可能です。

他スポーツの分析機能
  • ジム & フィットネスアクティビティ
  • トレーニング、計画、分析機能
  • ランニング機能
  • スイム機能
  • アウトドアレクリエーション機能
  • 簡易サイクリング機能

スマートウォッチとしてこのように多くの機能を搭載しています。

最後にもう一つ。

アプローチS70の初期画面(ウォッチフェース)は変更可能で、最初から何パターンかはデフォルトで用意されていますが、こだわった画面はconnectIQというアプリからダウンロードをする必要があります。

デフォルト①
デフォルトその①
デフォルト②
デフォルトその②
スマートウォッチ機能アプローチS62
ダウンロードしたウォッチフェイス
あまがみ
あまがみ

種類はたくさんあるので好みで選びましょう。個人的にはガーミンから公式で出しているウォッチフェースを選ぶのが安心だと思います♪

そのほかにもアプローチS62に機能を付加させたい時もこのアプリからダウンロードすることになりますが、一部有料だったりするので注意してください!

ガーミンコネクトIQのアプリはこちらから👇

Garmin Connect IQ™
Garmin Connect IQ™
開発元:Garmin
無料
posted withアプリーチ
47mmモデル
42mmモデル

アプローチS70は住友生命の「vitality」との相性抜群!

健康促進をポイント化することで保険料の割引やポイントで商品と交換できるサービス「vitality」ですが、この保険に入っている方はこのアプローチS70がおすすめです。

ガーミンはゴルフ距離計のなかで唯一vitalityのアプリとデータ連携ができる商品でさらに

vitalityのポイントを効率的に貯めるために

  • 歩数計測
  • 心拍計測
  • ゴルフラウンド記録

この3つが必要なのですが、アプローチS70が唯一ガーミンのゴルフ専用の距離計ですべて計測できる機種なんです!

あまがみ
あまがみ

歩数と心拍数両方のポイントを獲得できれば、保険料が15%以上割引になる可能性が高くなるのでオススメ!

ガーミン アプローチS70の使用方法

使用方法に関しては、ガーミン・ジャパンからわかりやすい動画が出ています。

ゴルフを始めるには右上の赤いボタンを押せばあとは基本タッチパネルの操作なので、直感的に操作できます。

操作方法がわからなくなったら右下のボタンを押すと一つ前に戻るので、この2つの操作だけ覚えておけばOKです。

コース表示中にもう一度赤いボタンを押すとゴルフメニュー画面が出るので、そこからコンパス機能や風向・風速表示ができますよ♪

アプローチS62操作
ゴルフメニュー画面(画像はS62)
あまがみ
あまがみ

基本タッチパネル操作なので操作でそんなに迷うことはないと思います!

一応、細かい設定など確認したい時のためにアプローチS70のマニュアルを貼っておきます。

アプローチS70のマニュアルはこちら👇

ApproachS70マニュアル(web)

アプローチS62からアプローチS70への買替は必要か?

ここではすでにアプローチS62を使用中のゴルファーが、アプローチS70に買替をしたほうがよいのか?という疑問に答えていきます。

結論から言うと今回私はアプローチS70への買替を見送りました。

見送った理由は以下の表にまとめました。

ゴルフ機能面の比較

まずはゴルフ機能での比較

アプローチS62アプローチS70買替評価
液晶画面半透過型メモリー
インピクセル(MIP)
AMOLED
(有機ELディスプレイ)
確かにかなり見やすくなっているが今のモデルで見えにくく困っていることもい
重量61g56g前作より5g軽いが体感はしにくい
ディスプレイサイズ1.3インチ1.4インチ(47mm)
1.2インチ(42mm)
47mm比較では体感で換わらない。42mmで本体を小さくしたい方にはオススメ要素
薄さ14.8mm14mm(47mm)
13mm(42mm)
どちらのサイズも薄くなっているが違いがわかりにくい
ピクセル数260×260454×454(47mm)
390×390(42mm)
確かにかなり見やすくなっているが今のモデルで見えにくく困っていることもい
メモリ1GB32GBこれだけアップグレードしていると買替を考える
GPS捕捉機種
マルチバンド
GPS、グロナス、
みちびき(L1S信号対応)
マルチバンド不可
GPS、グロナス、ガリレオ
みちびき(L1S信号対応)
マルチバンド可
ガリレオが増えて、メモリも増加したので正確、安定、サクサクで使い勝手◎
進化したPlaysLike距離高低差データのみ参照高低差・風速。風向き・気圧を参照この機能は神アップデート。コンパス、風、気圧を一括表示でかなり使いやすい!
コースレイアウト
拡大・縮小
ほぼできないできるこれも神アップデート。
3点間距離表示が断然しやすくなった!
音楽ストレージ 再生必要な人と必要ない人の意見は分かれる、自分はいらない派

今回買い替えの検討の内容をまとめると次のとおり

買い替えたいポイント
イマイチポイント
  • 本体メモリが格段に上がり、操作がサクサクできる
  • PlaysLike距離機能が進化して使いやすい
  • コースレイアウトの拡大・縮小が出来て見やすく操作しやすい
  • 有機ELディスプレイは魅力だが現行モデルでも不自由していない
  • 本体サイズやスペックはほとんど変わっていない
  • 極端に個人的な意見だが前作のデザインのほうが好き

今回のS70で個人的に魅力的に感じる機能は2つありますが、この2つの機能だけで10万円出せるかと考えた時、自分はNOでした。

本体スペックもいろいろ向上していますが、感動するような体感は得られず、今回は購入を見送りました。

ただこれはあくまでS62からS70に切り替えるかどうかの話で、S62ユーザーでない方は、アプローチS70は最先端で最高の機能性を誇る超オススメ機種です!

あまがみ
あまがみ

逆に言うとアプローチS62の完成度が高すぎます!

アプローチS70のSNSの反応

ここからはアプローチS70のSNSでの評価を見ていきます!

あまがみ
あまがみ

有機ELディスプレイは本当に見やすい。特に屋内は格段に見やすくなってます!

あまがみ
あまがみ

コースの読み込みは本当に速いです。感覚的にはPCの立ち上げのHDDとSSDくらいの違いがある!

アプローチS70が向く人、向かない人のまとめ

最後にまとめです。

ガーミン アプローチS70評価

アプローチS70がオススメのゴルファー

アプローチS70がオススメのゴルファー
  • デバイス本体の性能が高い機種が欲しい(耐久性・防水性・バッテリー性能・メモリ容量など)
  • GPSの精度・安定性が高い機種がほしい(GNSSマルチバンド)
  • 画面が見やすい機種が欲しい(有機ELディスプレイ)
  • 他社を圧倒するゴルフ距離計の機能性でラウンド中に多くの情報を取得したい
  • ラウンド後にショット分析をしたい(ガーミンゴルフアプリ)
  • スマートウォッチとしても使いたい(通知機能・音楽再生・電子マネー・スマホ探索など)
  • 普段使いで健康管理もしたい(ガーミンコネクトアプリ)
  • 住友生命の「vitality」を利用している
  • 前作モデルは本体が大きすぎて使えなかった(今回は47mmと42mmの2ラインナップ)

金額が10万円は高いと感じますが、本体スペック、機能性、利便性などを考えるとこの金額は妥当だと思います。

あとはこの機能を使いこなすかどうかが、買ってよかったかどうかの基準になりそうで。

あまがみ
あまがみ

あとはこの機能を使いこなすかどうかが、買ってよかったかどうかの基準になりそうで。

47mmタイプ(ブラック)
42mmタイプ(ホワイト・グレー)

アプローチS70がオススメできないゴルファー

アプローチS70がオススメできないゴルファー
  • 最低限の機能でシンプルに使いたい
  • S72とのアプリ連携は考えていない
  • グリーンアンジュレーション(起伏)機能は毎月課金しなければならない
  • 全番手のショットデータを取るにはCT10を最大14個、スコアを自動でとるにもCT103個が別途必要

最低限のグリーンセンターまでの大体の目安距離だけわかればよいというゴルファーにはオーバースペックになってしまいます。

あまがみ
あまがみ

オーバースペックはいいのですが、機能を使いこなさないと10万円出した価値を見出せなくなってしまいます。

また、このアプローチS70はガーミンのアプリを連動させないとこの機種の機能の魅力が半減するので、アプリ連携を考えてない方はあまりお勧めできません。

また、アプローチS70の魅力を最大限発揮するにはグリーンアンジュレーション機能取得のため、月額で1,180円(税込)を支払う必要があります。

さらに楽に全番手のショットデータを取得するにはクラブに装着するセンサーCT10を14個(税込49,800円)、スコアを自動でとり、パットとアプローチショットの分析をするのにはCT10が3個(税込15,000)が必要になり、本体以外にも課金が必要になります💦

あまがみ
あまがみ

機能、スペックともに最高ですがとにかくお金がかかるガーミンです!

👇2万円以内のコスパ重視グリーンオンのザ・ゴルフウオッチノルムⅡがおすすめです!

ガーミンの腕時計型距離計で最も価格が安いアプローチS12の情報はこちら👇

👇おすすめゴルフ距離計(測定器)特集はこちら

【2024年最新版】ゴルフ距離計(測定器)腕時計型GPSの選び方と、あまがみ厳選おすすめ5機種
2019年ルールが改正されゴルフ距離計(測定器)が公式試合で使用可能になり、購入を検討しているゴルファーは多いと思います!そこで、おすすめの距離計をご紹介する第2弾!GPS編です。今回はこの中でも腕時計型のタイプのおすすめ5機種を評価していきます。
【2024年版】ゴルフのレーザー距離計(測定器)の特徴や選び方とおすすめ商品5選!
2019年にゴルフ距離計(計測器)の使用が解禁になり、ゴルフ距離計(測定器)の購入を検討されているゴルファーは多いと思います。そんな中、GPSとレーザー距離計(計測器)のどちらがいいのか悩みますよね?今回はレーザー距離計(測定器)の選び方やメリットとデメリット、おすすめの機種を5つご紹介します!
【2024年完全版】コスパや使いやすさ等、おすすめのゴルフ距離計を要望別にまとめてみた!
2019年のルール改正以降急速に普及しているゴルフ距離計。いろんなサイトで様々な距離計が紹介、おすすめされていいますが、ユーザーの悩みや要望別にまとめられている記事があまりなかったので書いてみました。ゴルフ用品販売歴10年以上のあまがみが忖度なしで選びました!

あまがみ
あまがみ

本日はここまで!

最後まで見て頂きありがとうございます♪

ゴルフゴルフ距離計(測定器)ゴルフ用品
広告
\SHARE/
あまがみをフォローする
あまがみ

10年以上大手スポーツ量販店でゴルフクラブフィッターとして勤務している『あまがみ』が失敗しないゴルフ&スポーツ用品選びをサポートします。趣味でビアンキのルポというメーカーのロードバイク(シクロクロス)を乗っており、ときどきポタリングの報告もします!シングルファーザーで仕事と子育てとブログの両立を目指し日々奮闘中です!

あまがみをフォローする
ビアンキ乗りあまがみのゴルフブログ