【2021年最新版】ゴルフ距離計(測定器)腕時計型GPSの選び方と、おすすめ5機種はこれだ!

測定器GPSサムネゴルフ
この記事は約13分で読めます。

あまがみ
あまがみ

こんにちは、あまがみです!

@bianchilupo0805

いつも、あまがみブログをご覧いただきありがとうございます!

本日は、先日お話した

【2021年版】ゴルフの距離計(測定器)の選び方とおすすめ商品4選!レーザー編
2019年にゴルフ距離計(計測器)の使用が解禁になり、ゴルフ距離計(測定器)の購入を検討されているゴルファーは多いと思います。そんな中、GPSとレーザー距離計(計測器)のどちらがいいのか悩みますよね?今回はレーザー距離計(測定器)の選び方やメリットとデメリット、おすすめの機種を紹介します!

 の第2弾、おすすめGPSの機種をご紹介していきます!

GPSタイプのメリット

  • コース上で起動すると自動でゴルフ場、コース、ホールが表示され計測が開始する。
  • 常に現在位置からグリーンまでの距離が表示される
  • レーザータイプに比べ軽量でコンパクト
  • レーザーより低価格帯が多い。
  • 機能が多い

以上の機能はほぼすべての機種で使える機能になっています。

さらにGPSタイプは種類も用途も様々で機種によりプラスで使える機能が大きく変わります。

最近はスマホのアプリと連動してより多くの機能が使用できます。

主な機能は以下の通りで、以下の機能が付いていると様々な便利機能が使えます。

  • コースレイアウト機能
  • スコア管理機能
  • ピンポジ(ピンまでの距離を測る)機能
  • 飛距離計測
  • 高低差計測
  • コンパス機能
  • 風速、風向計測

コースレイアウト機能

画像はイメージです

コースレイアウトを上空からのマップのように表示します。

ゴルフスコア機能

ゴルフスコアを自動で計算してくれます。コースごとの平均スコアなども表示可能

スマホアプリ連携が必要な場合が多いです。

ピンポジ機能

ゴルフ場から公開されているピン位置のデータを入力できる機能で、これを入力すると、通常グリーンのフロント、センターの表示のところ、ピン位置まで表示可能になります。

飛距離計測機能

ショットするごとにボタンを押すことで、各ショットの飛距離を計測できます。

また上記で触れたスコア集計を兼ねることができます。

機種によっては、ショットセンサーが付いており、自動でショットを検知するものもあります。

高低差計測

コースの高低差を表示します。

機種によっては高低差を考慮して打つべき距離を表示してくれる機種もあります。

高低差計測は

  • レイアウトデータ計測
  • 実測計測
  • 気圧センサー計測

等がありますが、レイアウトデータで計測済みの高低差を表示する機種が一番楽に計測できます。

最近はアプローチやグリーンのアンジュレーションが表示可能な機種もあります

※高低差機能は公式ルール使用不可です。

※グリーンのアンジュレーション機能は一部機種に限り公式ルールで使用可能です。

コンパス機能

こちらの機能があると、グリーンの方向、位置がわかります。

ドックレック等でグリーンが見えない時に活躍するほか、スタンスチェックやグリーンのアタック角度表示ができる機種もあります。

※コンパス機能は公式ルール使用不可です。

風速、風向機能

一部の機種ではスマホアプリと連動し、風速、風向を表示できる機種があります。

※こちらの機能も公式ルール使用不可です。

ゴルフ計測機能以外の機能

ゴルフ機能以外にも様々な機能がある機種があります。

  • 時計機能
  • 歩数計
  • カロリー計算
  • 心拍系
  • アプリ連動
  • スイングチェック

等、ライフスタイルのサポートまでしてくれる機種まであります。

👇心拍測定機能が付いたゴルフ測定器はコチラ!

【2020年モデル】Shot Navi Hug FW(ショットナビ Hugフェアウェイナビ)待望のみちびきL1S対応、ミスショットに強い味方のGPS距離計が登場!
ゴルフ計測器は日々進化しており、ものすごいスピードで新機能が付いた新商品が発売されています!各メーカーが様々な機能を持ち合わせたGPS計測器を発売していますが、今回は『ShotNaviのHug-FW』の新モデルが発売されたので、待望のみちびきL1S対応でFWナビ、エイム機能、心拍計測機能搭載のこちらの商品を超私的な感想をみたいレビューしたいと思います。

GPSタイプのデメリット

  • レーザータイプに比べ測定精度が低い
  • 受信状況が悪いと全く使えない
  • 故障が多い
  • 基本グリーンのセンター、フロントの距離しか測れない
  • データ更新が面倒

こんなところですが、とにかく、上記2点のデメリットがウエイト高く

その日、その場所で測定がばらつき4人全員同じ場所にいるのに飛距離がばらばら

なんてことはザラにあります。

GPSの精度と使用環境

あまがみ
あまがみ

最近はGPS精度はレーザー並みに高くなっている機種も出てきています!

対応策としては日本の位置情報に強い衛星「みちびき」や最高精度を誇る「みちびきL1S」を対応にしている機種を選ぶと誤差が少なくなりますが、基本衛星受信なので、

電波障害にあったりすると、お手上げ状態になります。特に磁場の乱れに弱いので

近くに電波塔や大きな送電線があったりするゴルフ場は注意が必要です。

不具合、故障について

画像はイメージです

そして、本体の故障は非常に多いです。本当に多いです(涙)

多いものは、GPS不良(コースが検出されない、的外れなデータがでる)

充電不良(充電されない、電圧の過負荷で故障、端子の汚れによる故障)、電源が途中で切れる、フリーズする

このへんが非常に多いですね…精密機械なので仕方ないのかもしれませんが、

もうすこし、メーカーもアフターケア含めて、考えてほしい案件です…

因みに、本体が初期不良で故障している場合は保証期間内であれば、交換、修理等になることが多いですが、それ以外は有償修理になることが多いです。

また、商品とコースの相性が悪いということも多く、その場合はほぼ保障対象外となります。

ピンの正確な位置の調整

画像はイメージです

カップの位置は通常表示されませんが、最近はゴルフ場のピンポジションの公表値を入力して、カップの位置まで表示できるタイプも出ております。

データ更新について

画像はイメージです

そしてGPSタイプはパソコンと一緒で、データ更新は行わないとフリーズしたり、コース表示にエラーや大きな誤差が出るので、データ更新は必須です!

更新データが出るたびに更新したいですが、パソコンであれば、サイト登録、フォルダのダウンロード

スマホであれば、サイトやアプリの登録、ブルートゥースの接続でのダウンロードが必要で、機械に疎い方は少し難易度が高いです。

あまがみ
あまがみ

周りに詳しい人がいればいいのですが…

またほとんどの機種がUSB充電なのでAC電源使用の際は別売りのアダプターが必要になることが多いです。

あまがみ
あまがみ

データー更新はパソコンの知識がある程度ないと、結構ハードルが高い作業です…

このようなアフターの対応が面倒であったり、不安な方は

レーザータイプがおすすめになります。

【2021年版】ゴルフの距離計(測定器)の選び方とおすすめ商品4選!レーザー編
2019年にゴルフ距離計(計測器)の使用が解禁になり、ゴルフ距離計(測定器)の購入を検討されているゴルファーは多いと思います。そんな中、GPSとレーザー距離計(計測器)のどちらがいいのか悩みますよね?今回はレーザー距離計(測定器)の選び方やメリットとデメリット、おすすめの機種を紹介します!

以上で、GPSタイプのメリット、デメリットをお伝えしましたが、これから、おすすめGPS計測器をおすすめしていきます!

グリーンオン ザ・ゴルフウォッチ ノルム

おすすめの理由

  • 誤差1メートル以内の「みちびきL1S」対応モデル!
  • 余計な機能を省いたシンプルモデル
  • 高低差表示不可モデルで競技者におすすめ。
  • 薄型でスイング時のストレスが少ない
  • 晴天時でも見やすいカラーディスプレイ

グリーンオンは昨年「みちびきL1S対応モデル」を発売しました。

簡単に説明すると日本に特化した衛星システムで、精度は1m程度!

レーザー並みの精度で計測でき、GPSのメリット、コースレイアウトや

スコア管理等ができます。画面も反射型カラー液晶で晴天時でも見やすく

高低差機能やコンパス機能も省き、競技者でも

安心して使用できるモデル。機能も操作性もシンプルで使いやすく

コスパの良いので、はじめて購入するゴルファーも使いやすいモデルです!

こんな方におすすめ
  • シンプルに距離だけ測りたい
  • 競技でGPSを使用したい
  • 測定精度の高いGPSを使用したい

※2020年7月追記

グリーンオンから2020年7月、上記のザ・グリーンオンゴルフウォッチノルムⅡが発売されると発表がありました。

👇詳しい内容はコチラから

【2021年も断然おすすめ!】グリーンオンからザ・ゴルフウォッチノルム2が発売!使い方や評判・口コミをを徹底検証してみた。
新しいゴルフ様式でセルフプレーやスループレイが増えている中、ゴルフ距離計(測定器)の利用が急増しています。2020年7月に距離精度とコスパで人気だったグリーンオンのザ・ゴルフウォッチノルムの後継機種、ザ・ゴルフウォッチノルム2が発売されます。今回はこの商品がどんな進化を遂げたのか、機能や評判・使い方を徹底検証していきます。

イーグルビジョン ウォッチエース

おすすめの理由は

  • オードディスプレイ検知で、自動で飛距離が測定できる!
  • 「みちびき」対応で高精度の測定が可能
  • 自動で高低差を表示
  • 見やすい液晶画面

この商品はなんと、

パター以外のショットを自動検知して飛距離を測定できます。

あまがみ
あまがみ

本体にボールショットのみを自動認識するセンサーが内蔵されています♪

「みちびき」にもしっかり対応しており、誤差1mとまではいきませんが、精度も安定しています。

高低差も自動で検出されるので、

本当にティグラウンドでボタンを押して以降はすべて自動で行ってくれます。

画面も黒い背景のカラー液晶で、非常に見やすいです♪

こんな方におすすめ
  • とにかく余計な操作をしたくない
  • 昼間でも見やすい画面を探している
  • グリーン周りの機能が充実した商品を探している

👇ウォッチエースの詳しい説明はコチラから

【公式よりわかりやすく解説】イーグルビジョンで一番人気のウォッチ エース(WatchACE)の使い方や口コミをレビュー。
新しいゴルフ様式で必需品になりつつあるゴルフ距離計(測定器)今回は上記のGPS編でご紹介している、見やすく簡単操作、飛距離が自動で計測されると話題のイーグルビジョンのウォッチエースの機能や使い方、実際使っている方のレビュー等を徹底評価していきたいと思います。

ガーミン アプローチ S62

おすすめの理由は

  • 「みちびき」+アシストGPSで高精度
  • バーチャルキャディ機能搭載!
  • タッチパネルディスプレイで抜群の操作性
  • アプリ連動で風向、風速が表示可能
  • オートショット機能搭載
  • 反射を防ぐ画面で日中でも見やすい!
  • ピンの方角がわかるコンパス機能搭載
  • 心拍計測機能搭載
  • 大体のピン位置を手動で移動可能
  • アプリ連動でスマホの電話やメールを同期可能
  • 世界のゴルフ場4万コース以上を登録

世界のガーミン ブランドのゴルフGPSです。

あまがみ
あまがみ

2020年4月に発売される最新モデルです!

みちびきにプラスしてガーミン独自の補正プログラムで

さらに精度を上げることに成功しています。

そして、視認性の高いカラータッチパネルで抜群の視認性、ピン位置をタッチパネルで修正できる点も非常に便利です。当然高低差も表示可能。

あまがみ
あまがみ

タッチパネルで直感的にストレスなく操作できます♪

イーグルビジョンのエース同様、オートショット機能が付いているので、自動で飛距離が表示されます。

そして、バーチャルキャディ機能

拡張機能を使うことで、風向、風速、高低差などを計算して、使うべきクラブの番手を自動表示します!

あまがみ
あまがみ

近い将来キャディさんが不要になってしまうのでは…

またスマホにアプリをダウンロードしたり、追加パーツを導入することで様々な機能が拡張可能で、例を挙げると

  • スマホと連動、着信、メール、SNSと同期
  • スイング分析、コース攻略、スコア管理
  • ランニング、サイクリング、水泳のアクティビリティに対応

ザ・ゴルフウオッチのA1Ⅱのグリーンアンジュレーション機能以外はほぼ他社のすべての機能を網羅しているモンスターゴルフGPSです!

ゴルフ以外のスマートウオッチとしての使い方もできるので、高性能で用途の広い使い方ができる商品です。

欠品する前にぜひ手に入れてください♪

こんな方におすすめ
  • タッチパネルがかっこいい!
  • 風向、風速表示をしたい
  • 飛距離を自動で表示させてい
  • 心拍を測りながらプレーしたい
  • 日中でも見やすい画面がほしい
  • キャディ(番手表示)機能がほしい
  • スマートウォッチとしても使用したい
  • 海外ゴルフが多い

👇ガーミン、アプローチS62の詳しい情報はコチラ

【ゴルフ距離計】セルフプレーの味方、バーチャルキャディ機能搭載の ガーミン アプローチS62の性能に迫る!
コロナウィルスの影響でセルフプレイが増えている昨今、ガーミンから「バーチャルキャディ」機能を搭載したゴルフ距離計(測定器)「Approach S62」が発売されました。様々な最新技術が集結したこのGARMINのアプローチS60の口コミや評価をレビューしてみる!

グリーンオン ザ・ゴルフウォッチ A1Ⅱ

  • アプローチ&グリーンのアンジュレーション機能
  • みちびきL1S対応で精度1m前後
  • コンパス機能搭載でグリーンの方向がわかる!
  • 自動で高低差表示
  • すべての情報を一つの画面で表示

グリーンオンのザ・ゴルフウォッチシリーズのハイエンドモデル。

なんとこの機種、グリーン周りとグリーンのアンジュレーションがわかります

しかもこのアンジュレーション機能、公式ルール対応で、公式の試合で使用可能となっております!

あまがみ
あまがみ

高低差機能はNGなので、競技者モードで、高低差なし、アンジュレーションありのモードになります♪

高低差機能も実測からオート表示になり、簡単になりました。

もちろん「みちびきL1S」対応で誤差1m程度の高精度GPSです。

A1Ⅱの詳しい情報はこちら👇

【おすすめゴルフ距離計】グリーンアンジュレーション機能搭載!グリーンオン『ザ・ゴルフウォッチ A1-Ⅱ』の評価は?
2019年12月の発売が決まった注目の時計型ゴルフGPS『ザ・ゴルフウォッチA1-Ⅱ』!今回はなんとアプローチエリアと、グリーンのアンジュレーションが表示されます!また今まで操作が面倒だった高低差表示もオート表示で楽々表示、当然みちびきL1S対応モデル、今期おすすめの最強の時計型ゴルフGPSの性能や使い方をレビュー(評価)します!

 

ショットナビ Hug BEYOND

  • みちびきL1S対応で高精度
  • 現在地からの直線距離ではなく、コースに沿った距離を表示するリアルディスタンス機能が優秀すぎる。
  • エイム(コンパス)機能でグリーンの方向に正しいアドレスをとれる
  • 心拍計測機能付き

通常距離表示は現在地からグリーンまでの直線距離を表示しますが、このハグビヨンドは、コースに沿ったラインで距離表示をするので、実際に打つべき距離「リアルディスタンス」を表示してくれます。

また、ミスショットでフェアウェイから外れた場合はエイム(コンパス)機能を併用して、現在地からリカバリまでの距離とそこの予測落下地点からグリーンまでの距離の2つ分を表示してくれます!

あまがみ
あまがみ

このリアルディスタンス機能とフェアウェイ機能は本当に便利ですよ!

こちらもみちびきL1S対応で非常に距離精度が高く、高低差表示機能も付いています。

付加機能で心拍計測や万歩計の機能も付いているので、健康管理もばっちりです!

詳しい説明はコチラ👇

最後に

ゴルフ距離計(測定器)はレーザータイプ、GPSタイプそれぞれメリット、デメリットがあるので、しっかり吟味して選んでください。

👇ゴルフ距離計の基本,選び方はコチラから👇

【2021年完全版】ゴルフ距離計(測定器)の種類と選び方、おすすめ商品をわかりやすく徹底比較!
ゴルフのラウンドでウィルス感染対策が問われる昨今、セルフプレーが新しいゴルフ様式になりつつあります。そんな中、注目されているがゴルフ測定器。アマチュアゴルファーも使用率も40%を超えていますが、結構な高額な商品です。今回は失敗しないゴルフ測定器選びをサポートすべく、測定器の種類や選び方、おすすめ商品まで徹底的に解説、比較していきます。

あまがみ
あまがみ

本日はここまで!

最後まで見て頂きありがとうございます♪

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました