【大幅リニューアル】2022年のXXIO(ゼクシオ)12eks(エックス)のドライバーを実際に試打して評価してみた!

ゼクシオ12-eks-アイキャッチゴルフ
あまがみ
あまがみ

こんにちは!あまがみ

@bianchilupo0805です♪

このブログではゴルフ用品販売歴10年以上のあまがみが、失敗しないゴルフ用品の選び方を発信しています♪

 

降雪地区のゴルフはほとんどクローズになってしまいましたが、今年の12月は2年に1回の大イベント、XXIOシリーズの新商品が登場します!

あまがみ
あまがみ

今回でなんと12代目!20年以上の歴史を持つモンスタークラブです!

しかしながら、近年のXXIOは新モデルが出ても、そこまで大きな違いがないリニューアルが続いてました…

あまがみ
あまがみ

正直ゴルフ販売員の私でも旧ゼクシオから新ゼクシオへの買替の費用対効果はあまり期待できずおすすめしずらいものでした…

しかし今回リニューアルされるXXIO(ゼクシオ)12代目モデルは今までにない、大幅なリニューアルが施されました!

あまがみ
あまがみ

今回はゼクシオユーザーでもそれ以外のゴルファーでもおすすめしやすい製品に仕上がっています!

今回ゼクシオは通常のゼクシオ12とアスリート志向のゼクシオ12-eks-の2機種が2021年12月11日に発売予定ですが、今回は特に評価の高いゼクシオ12-eks-の紹介をしていきます!

先に今回のゼクシオ12-eks-のあまがみの評価をいってしまうと、

ゼクシオ12-eks-のあまがみ評価

このような評価になっています!

あまがみ
あまがみ

今回はマジでいいです!

この記事を読むと

  • ゼクシオ12-eks-ドライバーのスペック
  • ゼクシオ12-eks-ドライバーの特徴(メリット)
  • ゼクシオ12-eks-ドライバーの注意点(デメリット)
  • ゼクシオ12-eks-ドライバーの実際の試打データと感想
  • ゼクシオ12-eks-ドライバーのSNSの評価
  • ゼクシオ12-eks-ドライバーはどんなゴルファーにおすすめか?

以上のことがわかりますので、ぜひ最後まで見てください♪

あまがみ
あまがみ

かなりの情報量の記事になります!時間がない人は下記の目次から見たい場所までジャンプできますよ♪

ゼクシオ12-eks-ドライバーのスペック

XXIOゼクシオ12eksドライバーメイン

まずはゼクシオ12-eks-ドライバーのスペックを簡単に説明していきます!

ヘッドスペック

ヘッド部位材質
ボディTi-811 Plus
フェースチタン(Super-TIX® 51AF)
ロフト10.5 9.5
ヘッド体積460cc
あまがみ
あまがみ

前作の11代目はカーボンクラウンでしたが、今回はフルチタン構造です!

シャフトスペック

次にシャフトスペックです。

Miyazaki AX-2カーボンシャフト
Miyazaki AX-2カーボンシャフト
Miyazaki AX-2
カーボンシャフト
SSRR(特注)
調子
重さ(g)464443
トルク5.75.85.8
あまがみ
あまがみ

重量は40g台で軽いですが、トルクは少ししっかり目なのでヘッドスピード45m/sくらいでも弾道は結構安定しますよ♪

完成品スペック

最後に完成品スペックです。

番手 #1#1
ロフト10.59.5
ライ角59.0°59.0°
シャフト長44.5インチ 44.5インチ
総重量300g 300g
ヘッドバランスD3D3
S既製品既製品
SR既製品特注品
R特注品特注品
価格(一本単価)88,000円(税込) 88,000円(税込)
あまがみ
あまがみ

バランスD3でヘッドが重そうですが、実際はヘッドの重さはあまり感じず、すごく振りやすいです!

クラブの詳しいスペックは以下の公式サイトで確認を。

ゼクシオ12-eks-ドライバーの特徴(メリット)

ここからは今回のXXIO12-eks-の特徴をご紹介!

今回のドライバーの特徴は以下の5点

見出し
  • アクティブウィングでヘッド軌道が安定する!
  • ウェイトプラステクノロジーでスィング軌道が安定する!
  • リバウンドフレームでボール初速がアップする!
  • XXIO初のQTSスリーブ(カチャカチャ)を搭載!
  • 脱おっさんクラブを実現した見た目!
あまがみ
あまがみ

ひとつずつ説明していきます。

アクティブウィングでヘッド軌道が安定する

今回のXXIO12の一番の特徴がこのアクティブウィングでクラウンにある突起がF1マシンのウィングのような働きをしてヘッドの挙動を安定させるというもの。

ウィング
あまがみ
あまがみ

〇で囲ってある部分がウィングですね♪

ちなみにウイングの空力が失われると以下の動画のようになります💦

本来ゴルフクラブもこのようにヘッドがかなり動くのですが、クラウンのウィング(突起)の機能でしっかり軌道を安定させることができます!

注目すべき点として、他メーカーも空力を研究してヘッドデザインをしていますが、そのほとんどが空気抵抗を減らして、振り抜きやすさ、ヘッドスピードアップを目的にしていますが、XXIO12は逆に空気抵抗を増やしてヘッドの起動を安定させています。

ゴルフ男子
ゴルフ男子

でもそれってヘッドスピード落ちるんじゃないの?

あまがみ
あまがみ

そこはしっかり考えていてダウンスイングから腰の位置くらいまで空力が働く設計にしてヘッドが加速する腰より下の位置では空力がかからず、ヘッドがスムーズに加速するようになっています♪

この機能により、XXIO12はヘッド軌道が安定してミート率が上がりやすい構造になっています!ウェイトプラステクノロジーでスィング軌道が安定する!

ウェイトプラステクノロジーでスィング軌道が安定する!

ウエイトプラステクノロジー

https://sports.dunlop.co.jp/golf/

XXIO12シリーズはXXIO11シーリズから継続でグリップはエンドキャップ部分を重たくしてカウンターバランスに、シャフトは軽量で手元重心にすることでスイングがブレなくコンパクトになるように設計されています。

それによりXXIO12シリーズはスイング軌道が安定します!

つまりXXIO12シリーズはミスショットが出にくいクラブということ

XXIO12-eks-②

XXIO12シリーズはヘッド軌道もスイング軌道も安定するのでミスショット自体が出にくくなるクラブということです!

あまがみ
あまがみ

これもほとんどの他メーカはミスショットしてもブレないとか飛距離が落ちないという謳い文句ですがXXIO12はミスショット自体が出にくいクラブなんです!

リバウンドフレームでボール初速がアップする!

リバウンドフレームはヘッド素材を軟→硬→軟→硬という4層構造にすることで、スプリング効果で初速をアップさせる技術です。

実はコレ昨年発売されている、スリクソンZXシリーズに採用されている構造で、今回初めてスリクソンの技術がXXIOに搭載されました!

あまがみ
あまがみ

いままでXXIO→スリクソンに技術が落とし込まれるので今回は逆ということになります!

今回は数年ぶりに松山選手もドライバーをスリクソンのZXシリーズを使用していました!

あまがみ
あまがみ

そしていきなりマスターズを優勝!メーカーもうれしかったと思います!

ということで、プロが使っているテクノロジーをXXIOで体感できるということが今回かなり注目されています!

今回のXXIO12シリーズは大人気のスリクソンZXシリーズの技術でボール初速も上がりやすくなっています!

XXIO初のQTSスリーブ(カチャカチャ)を搭載!

こちらもスリクソンからの技術 QTSスリーブ(カチャカチャ)を搭載!

下記のように

  • ロフト角
  • ライ角
  • フェースアングル

こちらを変更することができます!

QTSスリーブ(カチャカチャ)を搭載!

https://sports.dunlop.co.jp/golf/
あまがみ
あまがみ

XXIOでカチャカチャシステムは初の試みです♪

脱おっさんクラブを実現した見た目!

xxio12-eks-3画像

今回のXXIO12-eks-ドライバーのデザインですが…

なにか気付きませんか?

ゴルフ男子
ゴルフ男子

なんだろう…キャロウェイっぽい?

あまがみ
あまがみ

いわれてみたらそうだけど違います(笑)

なんと今回のXXIO12-eks-は「XXIO」の文字が入っていないんです!

ゴルフ男子
ゴルフ男子

ほんとだw

  • XXIOの文字がない
  • カチャカチャ採用
  • 黒を基調にしたデザイン
  • スリクソンの技術を流用

こんな感じで今回のXXIO12-eks-はかなりアスリート志向のゴルファー向けで、「脱・おっさん」クラブを意識して出してきた印象です!

ゼクシオ12-eks-ドライバーの注意点(デメリット)

XXIO12-eks-の注意点は以下の2点です。

  • カスタムシャフトは入れないほうがよい
  • ヘッドスピード45m/s以上のゴルファーは扱いにくい
あまがみ
あまがみ

説明していきます!

カスタムシャフトは入れないほうがよい

先ほどXXIO12-eks-の特徴を説明しましたが、このクラブはヘッドとシャフトの相乗効果で非常に完成度の高いドライバーに仕上がっています。

あまがみ
あまがみ

通常はヘッドをメインで開発してシャフトはそのヘッドに相性の良いものをシャフトメーカーに依頼して提供してもらうことがほとんどですが、XXIOはヘッド、シャフト共に自社開発にこだわっています!

つまり、XXIO12-eks-のシャフトを Miyazaki AX-2 以外のシャフトを入れるとXXIO12-eks-の良いところが半減してしまう可能性が高くなります。

また、仮に Miyazaki AX-2 以外のシャフトをカスタムで入れる場合は、標準のグリップが装着されないので、ウェイトプラステクノロジーの機能はなくなりますので、このXXIO12-eks-ドライバーはデフォルトの Miyazaki AX-2 シャフトで使用することをおすすめします!

あまがみ
あまがみ

XXIOのクラブは純正で使う!が基本になります。

ヘッドスピード45m/s以上のゴルファーは扱いにくい

上の話に関連する話ですが、純正の Miyazaki AX-2 シャフトは通常のXXIO12よりはしっかりしたシャフトですが、プロが使うようなヘッドスピードを想定はしていません。

想定をしているのはヘッドスピード39~45m/sあたりをターゲットにしているので、ヘッドスピードが45m/s以上あるゴルファーはシャフトが頼りなく感じると思います。

弾道も不安定になる可能性も高いのでおすすめしにくいクラブとなります。

実際にゼクシオ12-eks-打ってみた

XXIO12eks3枚

ここからは実際ゼクシオ12-eks-を試打してみたデータと感想になります。

ゼクシオ12-eks-試打データ

ゼクシオ12-eks-(10.5°)あまがみ使用クラブ評価
飛距離237y222yプラス15
打球音が気持ちいい♪
ヘッドスピード40.5ms39.8msヘッドスピード自体は微増
スイングが安定した気がする
ボール初速56.5㎳55.0㎳体感的にボールに対して
フェースがスクエアに
当たっている感じ
打出し角13.5°16.9°ゼクシオだけど
そこまで球は上がらない
通常モデルとここが違う!
バックスピン量2990rpm2344rpmバックスピンは少し増えた
打出し低いから好都合♪
サイドスピン量右33rpm右66rpmひっかからないし
スライスも出ない!
ミート率1.401.38まさかの1.4超え!
ほんとミートしてる感じ♪

実際に打ってみて感じたことは

  • スイングが安定してミート率が上がる!
  • 球は上がりすぎずいい感じ♪
  • バックスピンは少し多く入るが球が低いから問題なし!
  • 左右の打ち出し角のブレが少ない。
  • 打球音が気持ちいい♪

スイングが安定してる実感というよりは、なんかわかんないけど毎回芯に当たってるって感じ(笑)

弾道は打出し12~15°くらいで収まりバックスピンは3,000回転前後で安定。

ちょっとトップ気味に入ってもバックスピンがちょっと多めなのでドロップせずに球が伸びる感じ♪

スイングが安定しているからなのか、チーピンやプッシュアウトのミスがいつもより少なかったような気がします。

あまがみ
あまがみ

イメージでいうとスリクソンをやさしくして、打球音はゼクシオにしたって感じのクラブでした♪

まとめると、アスリートっぽい弾道が出て、ミスショットをカバーするというよりはミスショットが出にくいクラブでした!

ゼクシオ12-eks-ドライバーのSNSの評価

ここからはゴルフが上手な人たちのSNSでの評価を見ていきます!

あまがみ
あまがみ

ヘッドスピード速い方に見てほしい動画。やはりヘッドスピード50m/s超えるとスリクソンかな?

あまがみ
あまがみ

この動画はわかりやすい♪やはり40~45m/sくらいのヘッドスピードにおすすめ♪

あまがみ
あまがみ

みんな共通しているのはボールが低めでヘッドスピード40~45m/sでクラブのポテンシャルを発揮、48m/sくらいまでは引っかからずに飛ばせるクラブということ♪

ゼクシオ12-eks-ドライバーはどんなゴルファーにおすすめか?

XXIOゼクシオ12eksドライバーメイン

まとめを含めたどんなゴルファーにゼクシオ12-eks-が向いているかというと

XXIOゼクシオ12-eks-がおすすめのゴルファー

  • ヘッドスピード40~45m/sのゴルファー
  • ミスショットを減らしたいゴルファー
  • スリクソンより少しやさしいクラブがほしい
  • 打球音が爽快なクラブがほしい
  • 見た目がカッコよくてやさしいクラブがほしい

XXIOゼクシオ12-eks-をおすすめしにくいゴルファー

  • ヘッドスピードが45m/s以上あるゴルファー
  • カスタムシャフトを使いたいゴルファー

今回のクラブは純正シャフトで真価を発揮するクラブなので、カスタムシャフトを愛用しているゴルファーにはちょっとおすすめしにくいクラブになっています。

カスタムシャフトを入れるならタイトリストのTSIシリーズがおすすめです♪

ゴルフクラブを新調したらゴルフのサブスクでラウンドをたくさんしよう♪

あまがみ
あまがみ

本日はここまで!

最後まで見て頂きありがとうございます♪

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました