【完全版!】ゴルフのキャディバッグの選び方と今人気のモデルを一挙公開!

ゴルフのキャディバッグの選び方と今人気のモデルを一挙公開!ゴルフ
この記事は約17分で読めます。
あまがみ
あまがみ

こんにちは!あまがみ

@bianchilupo0805です♪

ゴルフのキャディバッグはゴルフに行くときに真っ先に目につくものでゴルフの「顔」と呼ばれています。

あまがみ
あまがみ

キャディバッグが自分好みだとテンションも上がりゴルフが一層楽しくなります♪

ただ、近年キャディバッグの種類も非常に増えてきており、以下のようなお悩みが増えております。

  • どんな形状のバックを選んだらよいかわからない
  • どのブランドのバッグが人気なの?
  • 女性はレディースのバッグを選ぶほうが良いの?

こんなお悩みを持っているゴルファーは多いのではないでしょうか?

あまがみ
あまがみ

最近は本当に種類もブランドも多くなっています♪

今回は10年以上リアル店舗でゴルフ用品の販売経験がある、あまがみが

この記事を読んでわかること
  • あなたに合ったキャディバッグの選び方
  • 最近のキャディバッグの傾向と流行

以上のことがわかりますので是非最後まで見てください♪

今回のお話のパート分けとしては

  1. キャディバッグの種類
  2. キャディバッグを選ぶコツ
  3. 女性はレディースのキャディバッグを使うべき?
  4. 人気のキャディバッグブランドは?

こんな感じで進めていきます。

あまがみ
あまがみ

下記の目次の見たい項目をタップ(クリック)するとその場所までジャンプできます。

キャディバッグの種類

キャディバッグを選ぶ際にまずはじめに選ぶのはバッグの種類です。

キャディバッグは大きく分けて

  • ツアーバッグ
  • カートバッグ
  • スタンド式バッグ(セルフバッグ)

この3種類があります。

簡単に説明すると、

ツアーバッグプロゴルファーが使う大型のキャディバッグ
カートバッグゴルフラウンド移動時に移動用カートに乗せることを前提とした設計のバッグ
スタンド式バッグゴルフのラウンド移動時に自分で担いでプレイすることを前提に設計されたバッグ

となります。

あまがみ
あまがみ

それぞれ説明していきます。

ツアーバッグ

ツアーバッグ

ツアーバッグはプロゴルファーがツアー(大会)で使用する大型のキャディバッグです。

オーセンテックモデルとかプロモデルとか書いてある場合もあります。

価格は大体5万円から10万円くらいが一般的

あまがみ
あまがみ

やっぱりプロ用だけあってお高い!

ツアーバッグの特徴
  • 重量は5kg前後と重い。
  • かなり丈夫な作りになっている。
  • 大きさもかなり大きく収納も大容量。
  • ショルダー部分は3点式が主流。
プロテクト
サイド部の盛り上がっている部分がプロテクト

プロゴルファーは毎週試合があり、頻繁にキャディバッグを輸送するので、外観のサイド部に硬質素材のプロテクトパネルを入れるなど輸送の衝撃にも耐えられるようにかなり丈夫な作りとなっています。

あまがみ
あまがみ

毎週転戦するので、荷物も多くなることからバッグも大きく、その分重量が重たくなってしまいます。

そしてツアーバッグは非常に重たいのでショルダー部分の接続部が通常の2点式ではなく3点式になっており、耐久性と担ぐときに安定感が出るようになっています。

3点式
ショルダー下部のつなぎ目が2か所あり担ぐと安定する。

注意点としてはバッグが大きく4人乗りのカートの場合ツアーバッグのせいで4本乗らないことがあるため、4名でのカート使用ではツアーバッグは使用NGと個人的には思っています。

また、ゴルフ場までのアクセスが自家用車ではなくバスや電車などを利用される方はかなり移動が大変になります。

あまがみ
あまがみ

プロが使っているのと重厚感があってカッコいいのですが、デメリットも多いので、専属キャディがいない一般的なゴルフではあまりお勧めはできないバッグになります。自分で担ぐにも重いので…

ツアーバッグのメリット
  • 丈夫
  • カッコいい
  • プロが使っている
ツアーバッグのデメリット
  • 重い
  • 大きすぎてカートに積めない場合がある
  • 金額が高い

あまがみのおすすめ度△

カートバッグ

カートにバッグ

カートバッグは上記のように移動用のカートにバッグを固定する前提で設計されたバッグです。

あまがみ
あまがみ

日本のゴルフはカートの使用が一般的なのでバッグもこのカートバッグが一般的

価格は一般的には2万~6万くらいのものが多いです。

あまがみ
あまがみ

百貨店ブランドや本革仕様とかになってくると当然高額になってきます。

カートバッグの特徴
  • 重量は2.5~4.5kgと種類が豊富
  • 丈夫さは重さに比例する。
  • ポケットの数は多く収納に便利
  • ショルダー部分は2点式が主流
あまがみ
あまがみ

ツアーバッグよりスタイリッシュで軽量な作りになっていますが、収納力はほぼ変わらないです。

すべてにおいてバランスがよいのがこのカートバッグですが、最近は重量3㎏前後の軽量のカートバッグが流行っています。

あまがみ
あまがみ

パーツ部門のパートで後述しますが、軽いに越したことはないのですが軽すぎるとバッグの生地などの耐久性も落ちてくるので個人的には合皮の3キロ前後の重さがおすすめです。

また先述した、ツアーバッグがあまり実用的ではない話をしましたが、このカートバッグでツアーバッグっぽいテイストのものもあるので、ツアーバッグに憧れがある方はこちらを選びましょう♪

あまがみ
あまがみ

よくレプリカモデルと書いてある商品がこれにあたります♪がっしりした外観でストラップも3点式でありながらカートに搭載できるサイズにまとまっています♪

カートを使用するゴルフをされる方は基本的にこのカートバッグの使用が基本となります

あまがみ
あまがみ

ただ、カートバッグは選ぶポイントがたくさんあるので、後述のパーツ別選び方を見てください♪

カートバッグのメリット
  • 使い勝手が良い
  • 種類が多い
  • 価格もそれほど高くない
カートバッグのデメリット
  • カートなしのセルフは少々担ぎにくい
  • 種類が多いので何を買ってよいのかわからなくなる。

あまがみおすすめ度

あまがみ
あまがみ

カートバッグは選ぶポイントが多いので別途選ぶコツを紹介します。

スタンド式キャディバッグ

スタンド式キャディバッグ
2本の棒を衝立にして安定させます。
スタンド式キャディバッグの特徴
  • 重量は2.0~3.5kgと軽量が多い
  • ナイロン素材など耐久性は低め
  • 自立するが不安定で2本の棒を使用し安定させる
  • ポケットの数は少なく収納が少ない
  • 2本のストラップでリュックサックのように担ぐ

スタンド式キャディバッグはバッグの背面に2本の棒がついていてそれを開脚してキャディバッグを斜めに安定させるキャディバッグになっています。

あまがみ
あまがみ

バッグを斜めにすることでクラブを取り出しやすくしています。

重量は軽量なものが多く2㎏~3㎏までが主流となっていて価格も1万台~2万円後半の価格帯が主流になっています。

スタンド式キャディバッグ2
このように両肩に重量を分散するので疲れにくい。

またほとんどのスタンド式キャディバッグはショルダーストラップが2本あり、リュックサックのように背負えるようになっています!

あまがみ
あまがみ

これはスタンド式キャディバッグはカートを使わず担いで移動するセルフプレーを前提に設計いされているからです!

スタンド式のキャディバッグをカートに乗せることも可能ですが、スタンドバッグの棒とカートが干渉して傷がついてしまうのと、外観がそこまで丈夫でないものが多いので固定時にバッグに負荷がかかるのであまりお勧めはできません。

※最近は棒の部分を収納できるバッグも出てきています。

近年のコロナ禍でプロもキャディなしの大会もあったため、ツアー用の重量感があるスタンド式キャディバッグも話題になりました!

スタンドバッグのメリット
  • 軽い
  • 価格がお手頃
  • ゴルフ場までの移動が楽
スタンドバッグのデメリット
  • カート搭載に向かない
  • 収納が少ない
  • 耐久性が弱い

あまがみのおすすめ度〇

キャディバッグを選ぶコツ

ここまではキャディバッグの種類について説明しましたが

今まではキャディバッグの種類を説明しました。

あまがみ
あまがみ

ざっとまとめるとこんな感じ♪

(価格などはあくまで一般的な話で当然例外品はありますよ♪)

ツアーバッグカートバッグスタンドバッグ
種類ツアーバッグ

スタンドバッグ
価格5万円~2万円~5万円1万5千円~4万円
重さ重い選べる軽い
大きさかなり大きい選べる小さい
丈夫さかなり丈夫選べる弱め
収納力非常に多い多い少ない
カート搭載複数本搭載は困難可能可能だが
傷がつく可能性あり
持ち運び易さ持ち運びにくい選び方次第で楽非常に楽

これだけでも十分キャディバッグを選ぶことはできますが、ここからはさらに細かな選び方を紹介していきます!

プレイスタイルによる選び方

ここの部分に関してはおさらい程度になります。

プレースタイル別の選び方

  • カート使用ならカートバックが
  • セルフカートなしならスタンドバッグ
  • 専属キャディがいるならツアーバッグでも〇
あまがみ
あまがみ

詳細は先述しているので省きます!

重さ(大きさ)による選び方

皆さん勘違いしがちなのはキャディバッグの大きさを口径で判断されがちですが、

あくまで口径は部屋でいうと入口のドアに当たりますので、ドアが大きい=部屋が大きいにはならないように、口径の大きさでキャディバッグの大きさは決まりません。

正確に判断するには見て比べるしかないのですが、おおよそならキャディバッグの重量で大きさを判断できます。

2.0~2.5㎏小さいスタンドバッグ・超軽量カートバッグ・レディースカートバッグ
2.5~3.0㎏小さめ大型スタンドバッグ・軽量カートバッグ・レディースカートバッグ
3.0~3.5㎏普通大型スタンドバッグ・カートバッグ
3.5~4.5㎏大きめツアースタンドバッグ・カートバッグ(レプリカモデル)
4.5㎏~大きいツアーカートバッグ・本革キャディバッグ・車輪付きキャディバッグ

セルフ、カートなしでラウンドする場合は小さい~小さめのキャディバッグを選ぶのがおすすめ!

あまがみ
あまがみ

自分で担ぐ場合は軽さを最優先しましょう♪

カートでラウンドする場合は小さめ~大きめまでを選ぶのが良いです!

あまがみ
あまがみ

ここは重さや見た目のカッコよさ、収納力など自身のこだわりポイントで選び方が変わります。

口径による選び方

6分割口径
オーソドックスな6分割口径
ハンドル口径
最近流行のハンドル付き口径
14分割口径
根強い人気の14分割口径

口径の大きさはキャディバッグのクラブを入れる口の部分の直径で表します

口径の部分で選ぶポイントは以下の4種類

口径の選ぶポイント

  • 口径の大きさ
  • 仕切りの形状
  • 仕切りの素材
  • ハンドルの有無

口径の大きさ

口径の大きさは先述しましたが、口径が大きい=キャディバッグが大きいではないので注意してください。

口径は大きいほど多くのクラブを挿しやすくなります

口径の大きさの目安は以下の通りです。

インチ大きさ目安推奨クラブ本数
8.0インチ小さい7~8本
8.5インチ小さめ8~10本
9.0インチ普通10~12本
9.5インチ大きめ12~14本
10インチ大きい14~16本

口径の大きさは入れるクラブの本数を基準に選ぶのが良いでしょう。

女性などは既定上限の14本入れずに7~10本くらいのセッティングが多いため、8.5~9.0インチを選ばれる方が多く、男性は12本以上のセッティングが多いため、9.0~9.5インチあたりの大きさを選ぶ場合が多いです。

あまがみ
あまがみ

大きいキャディバッグで口径が小さいキャディバッグは少ないですが、小さいキャディバッグで大きい口径のバッグは結構ありますよ♪

仕切りの形状

5分割2貫通型
変則5分割2貫通型
5分割2貫通型
5分割2貫通型
変則6分割6貫通型
変則6分割6貫通型
4分割2貫通型
4分割2貫通型

仕切りの形状もキャディバッグを選ぶ上でも重要です。

仕切り形状の一例

  • 5分割
  • 6分割
  • 14分割

この辺りが主流ですが変則7分割や8分割などここは種類がたくさんあるので、ご自身のクラブセッティング(本数)とクラブの入れ方などで相性の良いものを選びましょう♪

また仕切りはキャディバッグ上部のみの仕切りとキャディバッグの底まで仕切っている貫通仕切りがあるので、現物を必ずチェックしましょう!

あまがみ
あまがみ

貫通型の仕切りはキャディバッグの底まで仕切りがあるので内部でクラブがぶつかりにくくなりクラブが傷つきにくくなります。

仕切りの素材

ナイロンメッシュ仕切り素材
メッシュ素材仕切り
ベロア仕切り
ベロア素材仕切り

仕切りの素材は主に2種類

仕切りの素材

  • メッシュ(ナイロン)素材
  • ニット素材
  • ベロア素材

現在ほとんどのキャディバッグの素材はナイロンのメッシュ素材です。

あまがみ
あまがみ

値段が安く、スポーティーなイメージですがj若干ですがシャフトに傷がつきやすいです💦

ニット素材やベロア素材は大型の高級キャディバッグに多く採用されています。

あまがみ
あまがみ

高級感があり、シャフトの傷もつきにくいです。

ハンドルの有無

ハンドル口径

最近はちょっとしたキャディバッグの移動がしやすいようにキャディバッグの口径部分にハンドルがついているものが主流になっています。

あまがみ
あまがみ

利便性はもちろんですが見た目もなんかカッコいいです!

ツアーバッグはハンドルではなく本体を切り抜いた形状にして持てるようにしているタイプが多いです!

好みに応じてハンドルの有無を選びましょう。

本体素材の選び方

本体の素材も選ぶポイントです。

あまがみ
あまがみ

こちらは一覧にまとめました。ご自身の好みで選んでください。

軽さ耐水性耐久性メンテナンスコスト人気度
ナイロン軽い普通弱い簡単安い
エナメル普通高い普通簡単普通
合成皮革重い高い丈夫簡単高い
帆布重い弱い丈夫普通高い
天然皮革重い弱い弱い難しい最高級

エナメルは光沢があり、高級感がありますが傷に弱く最近は傷に強くコスパもよいナイロンや合皮のタイプが主流になっています。

あまがみ
あまがみ

ナイロンタイプは柄をプリントできるのでかっこいいキャディバッグも多いですよ♪

また、60代以上の男性には昔ながらの本革キャディバッグも根強い人気になっています。

女性はレディスのキャディバッグを使うべきか?

ここに関しては先に答えを言ってしまいますが

女性がレディスのキャディバッグにこだわる必要はありません!

理由は以下の通り

  • メンズ用でも女性が使いやすいものがたくさんある
  • メンズ用でもデザイン性が高いものがたくさんある
  • レディス用は口径8~8.5が多いが口径は大きいほうが使いやすい
  • レディスで選ぶのを絞ると種類が少ない

最近のキャディバッグはある程度の収納力を確保した上でなるべくコンパクトで軽量なキャディバッグが流行っていまして、これは女性でも使いやすい(女性用のキャディバッグに近いスペック)なのでメンズも含めて探したほうが絶対に好みのキャディバッグを見つけやすいですよ♪

あまがみ
あまがみ

メンズの軽量のほうが口径が大きいので使い勝手は抜群ですよ♪

ただレディスのキャディバッグは女性特有のデザイン性があり、デザイン重視で選ぶ場合はレディースになったりすることも当然ありますよ♪

人気のキャディバッグブランド

ここからは現在人気の高いキャディバッグブランドをいくつかご紹介します!

パーリーゲイツ

近年非常に高い人気を誇っているメーカーがこのパーリーゲイツです。

20代~50代に人気のブランドでスマイルマークがトレードマークです♪

ウエアも人気でコーディネートで購入するゴルファーも多数!

あまがみ
あまがみ

百貨店ブランドのような高級感がありつつカジュアルなテイストがゴルフにぴったりで男女ともに人気がありますが、どちらかというと女性に人気のブランドです!

ウィンウィンスタイル

こちらはキャディバッグ専用メーカーのウィンウィンスタイル!

キャディバッグ専用メーカーならではの商品ラインナップの多さと、拘り抜いたクォリティの高さが魅力です。

全体的に小型~中型のスタンドバッグやカートバッグをラインナップしており、使い勝手とデザイン性を両立したブランドです!

あまがみ
あまがみ

こちらもスマイルマークがトレードマークです!素材やパーツの使い方がかなり拘った商品が多く、シリアルナンバー入りの限定品も多数ありますよ♪

オジオ

こちらはバッグを専門に扱うメーカーのオジオ

これに関してはオジオというより、画像のコンボイコレクションが超絶お勧めです!

耐久性抜群でいて軽量、口径は9,5インチの14分割仕切りでハンドル付き

収納力も抜群でポケットをカスタマイズできる汎用性もあります!

見た目もカッコよく20~60代の男性にぴったりなキャディバッグですよ!

あまがみ
あまがみ

時計のGショックとか好きな人はオジオはかなりオススメ

オークリー

スポーツサングラスで高いシェアを誇るブランドのオークリー

ゴルフでもウエアやキャディバッグなどを販売していますが

特に30代~60代の男性に非常に人気が高いです!

通常のオークリーのシリーズはシックなデザインで幅広いゴルファーに人気がありますし

このスカルシリーズは俗にゆう「ちょいワル系」で非常に人気があるモデルです!

あまがみ
あまがみ

単品でもカッコいいですが、オークリーはウエアもめちゃくちゃカッコいいからトータルでコーディネートしたいブランドですね♪

サイコバニー

端整さがありながら少し遊び心がほしい方はサイコバニーのキャディバッグがおすすめ!

めちゃくちゃカッコいいデザイン性に愛嬌があるブランドロゴが絶妙にマッチし他ブランドで

20代~40代に非常に人気が高いブランドでキャディバッグ自体もシンプルながら結構しっかり目のものが多く高級感も滲ませるおしゃれなブランドですよ♪

あまがみ
あまがみ

サイコバニーは男女共に人気のブランドです!

カステル・バジャック

個性的なデザインを求めるならカステルバジャックのキャディバッグがおすすめ!

鮮やかな原色を使うことが多く、ポップでインパクトのあるラインナップが多く50~60代に人気。

また、デザイナーズブランドながらそれほど高価なものは少ないので(それでも5.6万はするが…)

あまがみ
あまがみ

カステル。バジャックはこのチューリップみたいなロゴが特徴で、アートな気分を味わいたい方にオススメ!

Jリンドバーグ

シックで高級感を求めるのであればこのJリンドバーグがおすすめ!

造形美と機能美を両立したデザインが魅力のJリンドバーグ。

30~50代の男性に非常に人気の高いメーカーです。

百貨店ブランドなので価格は結構お高めですが、持っていると間違いなくカッコいいブランドです!

あまがみ
あまがみ

最近海外のプロの選手が使用しているのを多く見かけます♪

ブラッククローバー

最近人気急上昇のブランド、ブラッククローバー🍀

元々はキャップのメーカーでアメリカではニューエラや47に匹敵する人気を誇っています!

カジュアル全開のデザインが20~40代の男女に人気のあるメーカーになっています♪

あまがみ
あまがみ

価格も比較的買いやすい商品が多いのも魅力です!

まとめ

最後に大きくまとめると

  • 種類に迷ったらカートバッグがおすすめ!
  • 重さは2.5~3.5㎏くらいがおすすめ!
  • 使用目的を考慮して口径、素材、収納力を選ぼう
  • 自分の好みと合っているブランドを選ぼう

実際キャディバッグを見て確かめることができればよいのですが、キャディバッグは種類が非常に多いのでインターネットでの購入も視野に入れたほうが良いですよ♪

その場合は偽物の購入のリスクがないメーカー公式サイトや大手ゴルフ量販店でのECショップでの購入をお勧めします!

あまがみ
あまがみ

ネットショップでの万単位の商品購入は値段よりも信頼性が最も重要です!

今回はキャディバッグの品数が日本一を誇るゴルフ量販店、ヴィクトリアゴルフで商品を探してみることをおすすめします!

あまがみ
あまがみ

上記のおすすめブランドもヴィクトリアゴルフでしか取り扱っていないブランドや商品もあるのでオススメ♪

\税込5,500円以上で送料無料/

この記事を見てあなたに最適なキャディバッグが見つかりますように♪

あまがみ
あまがみ

本日はここまで!

最後まで見て頂きありがとうございます♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました