【より高弾道に進化】PINGのG430ハイブリッド(HB)を実際に試打した評価と性能解説

【より高弾道に進化】PINGのG430ハイブリッド(HB)を実際に試打した評価と性能解説ゴルフ

あまがみ
あまがみ

こんにちは!あまがみ

@bianchilupo0805です♪

このブログではゴルフ用品販売歴10年以上のあまがみが、失敗しないゴルフ用品の選び方を発信しています♪

 

2022年も残りわずかになりました。

そして9月~12月は各メーカーゴルフクラブの新製品が多く出る時期でもあります。

あまがみ
あまがみ

私が働いている店舗も続々試打クラブが入荷してます

その中で本日紹介するのはテーラーメイドから2022年11月にPINGゴルフから発売した

G430ハイブリッドです!

ゴルフ男子
ゴルフ男子

PINGのモデルチェンジは何年ぶり?

あまがみ
あまがみ

他メーカーは平均1~2年でモデルチェンジしますが、今回のPINGは約2年2カ月ぶりのモデルチェンジとなります!

PINGのポリシーとして前作を上回るデータが出ないと絶対にモデルチェンジをしないというものがあります。

あまがみ
あまがみ

今回モデルチェンジしたということは、前作を上回るクラブができたということですね!

をお伝えしていきます。

本来はゴルフショップで実際にご自身で試打をしてほしいのですが

  • ゴルフショップまで遠くて試せない
  • 忙しくてショップに行く暇がない
  • 実際試打をしたけどよくわからなかった
  • 試打にはいくけど事前にある程度知識を持っておきたい
  • ネットで買ったほうが安いしポイントがつくからリスクを承知でネットで買いたい

以上のお悩みを持った方のためにこのブログでPINGのG430ハイブリッドをご紹介します。

今回はG430ハイブリッド(以下HBと略称)の

この記事でわかること
  • 実際に試打してみたデータと評価
  • G430HBのSNSでの評判
  • G430HBのスペック
  • G430の特徴や進化ポイント

を徹底検証していきますので是非最後まで見てください♪

あまがみ
あまがみ

しかしここで簡易的な総評をしてしまいます!

PING G430HB評価

あまがみが今回一番言いたいことは…

前作のよいところは踏襲しつつ、確実に進化したと実感しました!

特に

  • 飛距離性能
  • ボールあがりやすさ

この2点はかなり進化したと感じました!

あまがみ
あまがみ

どうしてこのような評価になったのか詳しく解説していきます♪

Victoria Golf 楽天市場支店
¥40,480 (2023/02/01 19:36時点 | 楽天市場調べ)

PING G430ハイブリッドを実際に打ってみた!

実際にG430HBを試打してみました。

気になる試打結果はこちら!

現在使用のクラブと比較

PING G430試打データ

上記のデータはサイドスピンが出ていないのでそちらも含めた試打データを表でまとめました。

※ベースデータはボイスキャディSC300i、補足データはGOGOGOLF(EDH)

G430(22°)
ALTAJCBBLK(S)
XHOT(22°)
X-HOT(S)
評価
飛距離(キャリー)170.3y163.8y飛距離が約6yアップ
総飛距離191.2y183.3yトータル飛距離は約8yアップ
ヘッドスピード34.9ms35.0msヘッドスピードは同じ
ボール初速50.8ms48.8㎳ヘッドスピードは同じなのに初速は1ポイントアップ!
打出し角16.5°15.0°ボールは非常に上がりやすい!
バックスピン量4120rpm3300rpmアイアン並みにスピンが入る。打出しも高いので完全にアイアンの代用として使える
サイドスピン量左90rpm右333rpm方向性はかなりまとまる感じ。左右にブレない!
ミート率1.451.39ドライバー並みのミート率
右打ちデータです。

実際に試打をしてみた感想は以下のとおり。

良かった点
悪かった点
  • とにかく飛距離が伸びる!
  • ボールが上がってスピンが入る
  • 左右のブレが少ない
  • 若干重たい感じがする
  • 中弾道でランを出す弾道は出にくい
あまがみ
あまがみ

前作G425の比較データはないですが前作より明らかに飛距離性能が上がっている印象です!

X-HOTはかなり前のクラブですが、飛距離性能が高いので未だに使用しています。

しかしそのXHOTよりも8y飛距離がアップした結果に!

しかもランで稼いでいるわけではなく、高弾道でしっかりキャリーで飛んでいます。

あまがみ
あまがみ

ユーティリティながらアイアンっぽい弾道です♪

またピンのウリでもある左右のブレの少なさも健在で、飛んで曲がりにくいかなり理想的なクラブに仕上がっています。

気になったのは若干クラブヘッドが重たく感じる点で、ドライバーのヘッドスピードが35ms以下の方は少しクラブが重たく感じるかなと感じました。

弾道は高弾道、ハイスピンでピンをデッドに狙う感じのクラブですが、低い弾道でランを出して花道を転がしてグリーンオンを狙うイメージのゴルファーには使いにくさがあるかもしれません。

あまがみ
あまがみ

このあたりは好みの問題ですね…

G430ハイブリッドの番手別飛距離

G430ハイブリッド番手別比較

G430HBの

  • HB3
  • HB4
  • HB5

の試打データの比較です。

一応総飛距離だけ見ると飛距離の打ち分けが出来ているように見えますが、キャリーの飛距離や打出し角、スピン量がHB4とHB5であまり差が出ない結果となりました。

同じような結果であればシャフト長が短いHB5のほうが扱いやすい印象を受けました。

あまがみ
あまがみ

飛距離が落ちると考えがちですが、短尺のほうがミート率があがり平均飛距離が安定しますし、カチャカチャでの飛距離調整も可能です。

今回試打した番手以外もHB2(17°)やHB6(30°)、HB7(34°)と番手のラインナップは豊富なので、ハイブリッド主体のセッティングも可能となっています。

PING G430ハイブリッド(HB)のスペック

続いてG430HBのスペック解説

G430ハイブリッドのヘッドスペック

G430ハイブリッド画像
ヘッド素材(ボディ)17-4ステンレススチール / カーボンクラウン
ヘッド素材(フェース)FORGEDマレージング鋼C300
ヘッド体積126cc(#4)
ヘッド構造マルチマテリアル構造
ロフト17°(#2) 19°(#3) 22°(#4) 26°(#5) 30°(#6) 34°(#7)
ライ角 59°(#4)
公式サイト詳細を見る

前作からの大きな変更点として、クラウンがカーボン素材になり、より低重心でボールが上がりやすくなっています。

あまがみ
あまがみ

これはフェアウェイウッドと同じ流れですね♪

PING G430ハイブリッドのシャフトスペックと価格

G430シャフトスペック

シャフトスペックは以上のとおり。

また、シャフト別の本体価格は

  • ピン純正のカーボンシャフト装着で50,600円(税込み)
  • スチールシャフト装着(一部除く)で47,300円(税込み)
  • DG EX TOUR ISSUE装着49,500円税込み

ここではオリジナルカーボンシャフトのみ解説します。

G430ハイブリッドシャフト

ALTA J CB BLACK

日本モデル限定シャフト。

前作G425シリーズに装着されていたALTA J CB SLEATEシャフトの後継モデル。

日本人にが扱いやすい50g台の走り系シャフトになります。

ドライバー飛距離で180y~240yくらいまでのゴルファーが選びやすいシャフトになります。

ピンの純正シャフトはフレックスの違いで性能が大きく変わります。

このALTA J CB BLACKは

フレックス重量トルク調子
R52g3.1
SR56g2.8先中
S65g2.3

となっており、フレックスで調子が変わります。

また、SRとSシャフトで重量が9g、トルクが0.5ポイント変わり、かなりハードスペックになります

あまがみ
あまがみ

フレックスを選ぶ際にSRとSを選ぶ際は特に注意しましょう!

PING TOUR 2.0 CHROME 85

こちらのPING TOUR 2.0 CHROME 85はツアー用のグローバルモデル。

前作G425のPING TOUR 173 85の後継モデルになります。

先側の剛性が強く、しっかりと叩きにいける中弾道シャフトです。

こちらもフレックスで大きく性能が変わるシャフトになります。

フレックス重量トルク調子
R73g2.8
S80g2.3中元
X85g2.2中元

フレックスが変わるとすべて5g以上重量が変わります。

特にRからSにかけては重量7g、トルクは0.5ポイント変わり、調子も中から中元調子に変わります。

ちなみにRシャフトのトルクは2.8となっておりALTA J CB BLACKのSRと同じトルクになっていますが、体感としてALTA J CB SLEATEのSシャフト(トルク2.3)より硬く感じます。

あまがみ
あまがみ

RとSだと全く別のシャフトになり、ALTA J CB BLACKとの比較も重要になりますよ♪

G430ハイブリッドのグリップスペック

GP360 LITE TOUR VELVET ROUNDPINGアクア

最後にグリップ

バックライン重量太さ長さ
GP360 LITE TOUR VELVET ROUNDなしセレクトセレクト 普通

G430は可変スリーブ搭載なのでグリップは回転させても影響がないロゴとバックラインがないGP360 LITE TOUR VELVET ROUNDが採用されています。

重量と太さがセレクトとなっているのは、PINGはグリップの太さが以下のように選ぶことができます。

カラーコード重量太さ
レッド40g細め
(女性標準)
アクア45g普通
(男性標準)
ホワイト47g太め
ゴールド55g太い
オレンジ64g極太

基本的に店舗で販売されているものはアクアのカラーコードグリップが装着されていますが、受注生産の場合はグリップの太さを選択できます。

店頭でフィッティングする際は実際に手を計測してオススメをします。

  • 女性はレッドかアクア
  • 男性はアクアかホワイト

になることが多いです。

ゴールドやオレンジはかなりグリップは太くなり、ゴールドでゴルフプライドのMCC+4ミッドくらいの太さになります。

重量もアクアと比べ10g以上重たくなり、バランスが2ポイントほど軽くなってしまうので注意が必要です。(受注生産時にバランス調整も可能です。)

あまがみ
あまがみ

グリップの太さまでこだわるピンのフィッティングが非常に好評です!

G430ハイブリッドの特徴

G430ハイブリッドの特徴は以下のとおり

前作よりさらに進化!
G430HBの特徴
  • カーボンフライ・ラップ・テクノロジーで高弾道
  • フェース・ラップ・テクノロジーで高初速
  • スピンシステンシー・テクノロジーでミスに強いブレない弾道
  • ハイブリッドでは珍しい可変スリーブ
  • 豊富なロフトスペック&レフティスペック
あまがみ
あまがみ

遂にPINGのハイブリッドもカーボンクラウンになりました!

詳しく説明していきます!

カーボンフライ・ラップ・テクノロジーで高弾道

カーボンフライ・ラップ・テクノロジーで高弾道

G425からの大きな変更点として、今作のG430からカーボンクラウンが採用されさらに低重心になりました!

クラウン全体ではなく画像で見てわかるようにクラウン中央から後方にかけてカーボンクラウンが採用されています。

カーボン素材を採用すると打感が悪くなりがちですが、しっかり対策をしており前作以上の打感のよさになっています。

あまがみ
あまがみ

ボールがさらに上がりやすくなりました!

フェース・ラップ・テクノロジーで高初速

フェース・ラップ・テクノロジー
出典:ピンゴルフジャパン

フェース面積をソールとクラウン部分まで拡大させていわゆるカップフェース構造となっています。

これにより最大のたわみと初速を生む”激飛”フェースとなり、前作を超える初速性能となっています。

あまがみ
あまがみ

前作より飛ぶといわれる秘密はここです!

スピンシステンシー・テクノロジーでミスに強いブレない弾道

フェース・ラップ・テクノロジー
出典:ピンゴルフジャパン

新バルジ&ロール設計により、上下のミスヒット時でも最適なスピン量になり飛距離と左右のバラツキを抑えてくれます

あまがみ
あまがみ

ピンのクラブの真骨頂、ブレない弾道もさらにブラッシュアップされています!

ハイブリッドでは珍しい可変スリーブ

PING可変スリーブ

G430ハイブリッドは可変スリーブを採用しており

  1. ノーマルポジション
  2. ロフト+1°
  3. ロフト+1.5°
  4. ロフト-1°
  5. ロフト-1.5°
  6. ロフト+1°、ライ角-3°
  7. ロフト-1°、ライ角-3°
  8. ライ角-3°

の8段階で調整が可能です。

あまがみ
あまがみ

左右の弾道や飛距離の微調整が可能です!

豊富なロフトスペック&レフティスペック

番手234567
ロフト角17°19°22°26°30°34°
ヘッド体積129cc128cc126cc124cc121cc113cc
長さ
(カーボン)
40.7540.2539.7539.2538.7538.25
左用

なんとG430HBのロフトラインナップは全部で6種類!

しかもその種類すべてでレフティ(左用)のラインナップがあります!

この豊富なラインナップもピンの特徴といえます。

あまがみ
あまがみ

特にレフティゴルファーに選択肢が多くあるのはうれしいですね♪

G430ハイブリッドのSNSでの評価

あまがみ
あまがみ

レフティにとってPINGはまさに神メーカー!しかもめっちゃまっすぐ飛んでる♪

あまがみ
あまがみ

今作で飛距離が伸びた!という方はかなり多い印象です。

あまがみ
あまがみ

アイアンが苦手な方は#5~#7の存在は非常にありがたいですね!

あまがみ
あまがみ

G430HBのデメリットは価格が高いってことくらいしか探せません💦

こんな方にG430ハイブリッドはおすすめ

PING G430HB評価

最後にまとめです。

ブレずに飛ばせる理想的なユーティリティ(ハイブリッド)です!

あまがみ
あまがみ

定価で5万オーバーと高額ですが見合う性能があります!

今回のG430HBをおすすめできる人、できない人をまとめました!

基本的に超おすすめのクラブです
こんな方は一旦様子見
  • 価格があまり高くないクラブを探している
  • 現在G400、G410、G425のいずれかを使用している
  • 超軽量のクラブを探している

上記に当てはまる方は購入は慎重に検討しましょう。

多くのゴルファーから絶賛されています
こんな方にG430HBがおすすめ
  • ブレずに飛距離を伸ばしたいゴルファー
  • 高弾道で飛距離を出したいゴルファー
  • 可変スリーブで弾道の微調整をしたいゴルファー
  • 豊富な番手でハイ&ローロフトのクラブを探しているゴルファー
  • 豊富なシャフトラインナップで自分に合ったクラブを作りたいゴルファー
  • すべてのレフティゴルファー

上記のお悩みがある方は是非G430ハイブリッドを試してみてください♪

Victoria Golf 楽天市場支店
¥40,480 (2023/02/01 19:36時点 | 楽天市場調べ)
あまがみ
あまがみ

定価は5万円オーバーですが市場では4万円前後で購入できるようです♪

G430ドライバー評価はこちら
【ブレない高弾道】PINGのG430ドライバー3機種を公認フィッターが実際に試打した徹底レビュー
約3年ぶりの発売となるピンの新作G430の注目が集まっている。PING公認フィッターのあまがみが今回発売される、MAX、LST、SFTの3機種を実際に試打してみた結果、どのモデルも前作より進化しており球が上がりやすくブレずに飛んでくれました!そしてMAXの打球音が改善され感動…詳細はブログ本編で
G430EW評価はこちら
【飛んで曲がらない!?】PING G430フェアウェイウッド2機種をPING公認フィッターが実際試打してみたレビューと商品解説
飛んで曲がらない。ゴルファーにとっては魔法のような言葉ですが、最近のゴルフクラブはかなりこの言葉に近い性能のクラブが出てきています。その一つが2022年11月に発売されたPINGのG430シリーズ。今回は飛んで曲がらないをどこまで具現化しているのかPING公認フィッターのあまがみが実際に試打をしてレビューと商品の特徴を解説します。
G430アイアン評価はこちら
【スコアを安定させたいならコレ!】PING G430アイアンを実際に試打したレビューとスペックや性能を解説
今注目のピンの最新モデル、G430アイアンを実際に試打をしたレビューとクラブのスペックや特徴を解説していきます。簡単に評価すると、弾き感がよくキャリーで飛んでブレないアイアンでスコアを安定させたいゴルファーにピッタリです。詳しくは記事をご覧ください。

質問がある方は気軽にコメント欄にコメントしてください♪

 

あまがみ
あまがみ

本日はここまで!

最後まで見て頂きありがとうございます♪

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました