PR
広告

【女性でも使えるG430が遂に登場】G430HLシリーズのドライバー2機種を実際に試打した評価とスペック解説!

5.0
【女性でも使えるG430が遂に登場】G430HLシリーズのドライバー2機種を実際に試打した評価とスペック解説! ゴルフクラブ
記事内に広告が含まれています。

あまがみ
あまがみ

こんにちは!あまがみ

@bianchilupo0805です♪

数あるサイトの中から当ブログを選んでいただきありがとうございます!

このブログではゴルフ用品販売歴10年以上のあまがみが、失敗しないゴルフ用品の選び方を発信しています♪

2023年も暖かくなってきて降雪地区もゴルフができる季節が近づいてきています。

今回は、昨年11月に発売したG430シリーズの追加モデルで待望の軽量モデルが2023年3月に発売します!

その名もG430HL(ハイロンチ)

ゴルフ男子
ゴルフ男子

おっ!ついにG430にも軽量モデルが出るのか♪

あまがみ
あまがみ

はい!Gシリーズの軽量モデルは初登場です!

ピンのGシリーズの最大の特徴は左右にブレにくい方向安定性ですが、通常ヘッドが軽くなってしまうと、その特徴が最大限発揮されなくなってしまいます。

しかし今回、遂に軽量化しながら方向性のブレを極力少なくすることに成功したということで今作のG430HLシリーズが発売されます!

今回発売されるG430HLシリーズは

  • ドライバー
  • フェアウェイウッド
  • ハイブリッド

の3機種が発売されますが、その中でドライバーの

徹底検証しました!
この記事を読んでわかること
  • G430HLドライバーの試打レビュー
  • G430HLドライバーのSNSでの評判
  • G430HLドライバーのスペック
  • G430ドライバーの特徴
  • どんなゴルファーにG430HLドライバーがオススメか?

以上のことがわかりますので是非最後まで見てください♪

また本来は試打クラブを打ち実際に試してみるのが一番良いのですが、

  • ゴルフショップまで遠くて試せない
  • 忙しくてショップに行く暇がない
  • 実際試打をしたけどよくわからなかった
  • 試打にはいくけど事前にある程度知識を持っておきたい
  • ネットで買ったほうが安いしポイントがつくからリスクを承知でネットで買いたい

以上のお悩みがある方向けに記事を作成しております♪

あまがみ
あまがみ

では早速行きましょう♪

広告

PING G425HLシリーズドライバーの種類と総評

今作のPING G430HLシリーズのドライバーは

  • 究極の直進性」を重視したG430MAX
  • 直進性とつかまり」を重視したG430SFT

こちらの2種類があります。

あまがみ
あまがみ

通常のG430シリーズではラインナップされているLSTはG430HLではラインアップされていません

そして試打レビューの前にこの2機種の総合的な評価を先にいってしまいます!

G430HL MAXドライバーの総評

G430HLMAXドライバー評価
G430MAXドライバー評価
G430MAXの総合評価
低い
1
2
3
4
5
高い
推奨ヘッドスピード(MS)
低い
~30
34
38
42
45~
高い
こんな方にG430HL MAXがオススメ
  • とにかく左右にブレにくいドライバーがほしい
  • 高弾道で楽に飛ばしたい
  • ヘッドスピードに自信がないけどG430シリーズを使いたい
  • 振り抜きがよいドライバーを使いたい
  • 長尺シャフトでビックキャリーを狙いたい
  • 女性だけどG430を使いたい

G430HL SFTドライバーの総評

G430HLSFTドライバー評価
G430SFTドライバー評価
G430SFTの総合評価
低い
1
2
3
4
5
高い
推奨ヘッドスピード(MS)
低い
~30
34
38
42
45~
高い
こんな方にG430HLSFTがオススメ
  • ヘッドスピードに自信がないけどG430を使ってみたい
  • ハイドロー弾道を安定して打ちたい
  • 軽量クラブで楽に打ちたい
  • 長尺シャフトでビックキャリーを狙いたい
  • スライスをしたくないけど引っかかりも嫌だ
  • 女性でもG430シリーズを使いたい

G430とG430HLドライバーを試打して打ち比べ!

実際にG430シリーズとG430HLシリーズのドライバーを打ち比べてみました。

今回はMAXとSFTをそれぞれ通常版とHLで比較してみました!

G430MAXvsG430MAXHLドライバーのデータ比較

G430MAXVSG430HLMAXドライバー試打比較
G430シリーズドライバー試打比較

上記のデータはサイドスピンが出ていないのでそちらも含めた試打データを表でまとめました。

G430HLMAX
FUJIKURASPEEDERNX45
G430MAX
ALTAJCBBLACK(S)
飛距離(キャリー)211.1y206.8y
総飛距離233.2y228.1y
ヘッドスピード39.4ms39.1ms
ボール初速58.0㎳57.3ms
打出し角18.5°19.2°
バックスピン量30203140rpm
サイドスピン量左45rpm右11rpm
ミート率1.471.47
右打ちデータです。
あまがみ
あまがみ

ヘッドスピードは少し向上しました!

軽量で楽に振れて前作同様弾道がブレにくく高弾道で飛ばせるクラブ!

あまがみ
あまがみ

私はそんなにHSは変わらなかったけど、通常のG430MAXでHS35だった人はG430HLでHS37まで上がってましたよ!

実際に打ち比べた感想としては

軽量で楽に振れる印象♪
G430MAXvsG430HLMAXドライバーの感想
  • 長尺&先中調子でしなりを感じて楽に振れる
  • 軽量なので疲れにくい
  • ブレなさ具合はG430MAXと遜色なし
  • シャフトのフレックスを考えなくていいのでシンプルに選べる

長尺&先中調子で楽に振っても高弾道でヘッドスピードも出る

後ほどスペック面は改めて解説しますが、G430HLシリーズはシャフトが46.0インチと長尺でシャフトも40g台が先中調子、30g台が先調子と軽く振ってもシャフトが撓ってくれるので楽に飛ばすことができます。

あまがみ
あまがみ

軽量でヘッドバランスも重くないので長尺によるミート率の低下はあまりしませんでした!

軽量なので疲れにくい

40g台のシャフトでも総重量274gと超軽量なのでラウンド後半で疲れた状態でもバランスを崩すことなくスイングが出来ます♪

あまがみ
あまがみ

30g台のシャフトならレディススペックのクラブと重量は同じくらいでとても軽いですよ♪

軽量でもG430の特徴である「ブレにくい」は維持

ヘッド自体は後方のウェイト以外通常のG430と同じヘッドを採用しているので軽量でもブレないドライバーとしての性能は維持されています。

あまがみ
あまがみ

実際試打しても通常のG430MAXとほぼ同じくらいの弾道の安定感がありました!

シャフトのフレックスで悩まない

G430に搭載されている純正シャフトはワンフレックス設計なので、考えるのは40g台か30gを選ぶだけなのでスペック選びも簡単で楽ちんです♪

あまがみ
あまがみ

フレックス選びって結構悩むんですよね💦

G430vsG430HLドライバーのデータ比較

G430SFTvsG430SFTHLドライバー比較
G430HLSFT
FUJIKURASPEEDERNX35
G430SFT
ALTAJCBBLACK(S)
飛距離(キャリー)200.4y194.0y
総飛距離221.8y216.1y
ヘッドスピード39.8ms38.0ms
ボール初速56.3㎳54.5ms
打出し角19.1°18.8°
バックスピン量34003100rpm
サイドスピン量左288rpm左205rpm
ミート率1.471.47
右打ちデータです。

G430SFTHLにはFUJIKURASPEEDERNX35の超軽量シャフトで比較しました!

あまがみ
あまがみ

G430MAXHLよりバラツキは少し出ましたがヘッドスピードがかなり上がった結果になりました!

ヘッドスピード爆上がり!つかまりも良く高弾道で飛ばせるクラブ!女性でも使えるかも!

実際に打ち比べた感想としては

軽量で楽に振れる印象♪
G430SFTHLvsG430SFTドライバーの感想
  • 長尺&先中調子でしなりを感じて楽に振れる
  • 軽量なので疲れにくい
  • ブレなさ具合はG430MAXと遜色なし
  • シャフトのフレックスを考えなくていいのでシンプルに選べる

PING G430HLシリーズドライバーのスペック

ここからはG430HLシリーズドライバーのスペックをご紹介。

G430シリーズドライバーのヘッドスペック

G430HLシリーズドライバー
G430MAXG430SFT
ヘッド素材(ボディ)811チタン(ボディ/クラウン)811チタン(ボディ/クラウン)
ヘッド素材(フェース)FORGED T9S+チタン(フェース)FORGED T9S+チタン(フェース)
ヘッド体積460cc460cc
ヘッド構造チタンボディ+フェースチタンボディ+フェース
ロフト9 10.5 1210.5
ライ角59.5°59.5°
ウェイト調整位置3か所2か所
シャフト長46.0インチ46.0インチ
総重量FUJIKURASPEEDERNX45→274g
FUJIKURASPEEDERNX35→265g
FUJIKURASPEEDERNX45→274g
FUJIKURASPEEDERNX35→265g
バランス
FUJIKURA SPEEDER NX 45
装着時
FUJIKURASPEEDERNX45→D1
FUJIKURASPEEDERNX35→C8
FUJIKURASPEEDERNX45→D1
FUJIKURASPEEDERNX35→C8
価格税込93,500円税込93,500円
公式サイト詳細を見る詳細を見る

ヘッドは基本的には通常のG430と同じ仕様となっています。

違いとしては通常のG430シリーズの後方ウェイトはタングステンですが、G430HLシリーズの後方ウェイトはアルミとなり、この部分で軽量化されています。

あまがみ
あまがみ

ヘッド重量を軽くしすぎると慣性モーメントが著しく低下するので、後方ウェイトのみでヘッドの軽量化を図っています!

G430HLクラウン比較
G430クラウン一覧
あまがみ
あまがみ

同じヘッドなので通常のG430と構えた感じは全く同じです♪

G430HLシリーズドライバーのシャフトスペック

g430オリジナルシャフト一覧
g430オリジナルシャフト一覧

次にシャフトスペック。

G430HLのオリジナルシャフトは2種類

FUJIKURA SPEEDERNX 45メンズシニアに最適な40g台の軽量シャフト
FUJIKURA SPEEDERNX 35女性に扱いやすい30g台の超軽量シャフト
FUJIKURA
SPEEDERNX 45
FUJIKURA
SPEEDERNX 35
シャフト長46.0インチ46.0インチ
フレックスワンフレックスワンフレックス
重量45g38g
トルク5.16.3
調子先中

どちらのシャフトもワンフレックスなので、軽量か超軽量かどちらかを選ぶ感じになるのでシャフト選びがシンプルで選びやすいです。

私の感覚としては、FUJIKURA SPEEDERNX 45は軽量ながらもある程度のしっかり感があります。

FUJIKURA SPEEDERNX 35は鞭のようにしなるシャフトでした。

あまがみ
あまがみ

どちらも軽量ですが30g台は男性が振ると折れないか少し不安になるくらいのスペックです。

G430HLのグリップ

IOMIC STICKY SL AQUA

最後にグリップ

PINGのグリップは太さによってカラーコードが設定されており、手の大きさを測定して太さを決定します。

グリップの太さ
細い
レッド
アクア
ホワイト
ゴールド
オレンジ
太い

G430HLシリーズの標準グリップIOMIC STICKY SL AQUAは35gの軽量グリップです。

カラーコードはアクアのみとなっております。

あまがみ
あまがみ

今回は35gという重量にこだわっているので重量が変わる他カラーのグリップは作っていません。

PING G430HLシリーズドライバーの特徴

G430HLシリーズドライバーの特徴は以下のとおり

基本は通常G430と同じ
G430HLドライバーの特徴
  • 空気抵抗を軽減するタービュレーター
  • スピンシステンシー・テクノロジー
  • 超極薄の反発フェース
  • 快音を生み出す新サウンドリブ搭載
  • 軽量でも慣性モーメントを維持しているゴールデンバランス

※基本的な特徴は通常のG430と同じの為、当ブログのG430製品特徴解説を一部引用しています。

弾道のブレの少なさは慣性モーメント(MOI)で表示されますが、

今回のG430シリーズは3機種すべてMOIの数値が前作より向上しています!

あまがみ
あまがみ

前作のg425シリーズをさらに進化させたモデルとなっています。

詳しく説明していきます!

空気抵抗を軽減するタービュレーター

G430クラウン一覧
G430クラウン一覧

全モデル共通でクラウンのフェース寄りに凹凸を付けたタービュレーターを搭載。

この機能により抜群の振り抜き性能とヘッドスピードアップを実現します。

あまがみ
あまがみ

振り抜きの良さは個人的には前作のG425シリーズより向上していると感じました!

スピンシステンシー・テクノロジー

スピンシステンシー・テクノロジー
スピンシステンシー・テクノロジー

スピンシステンシー・テクノロジーはフェースのバルジとロールを新開発することでミスショット時の弾道のブレや飛距離ダウンの軽減することに成功しています。

バルジとロール
ウッドのフェースは実は平面でなく、若干曲面になっています。
この曲面に対し、フェースの上下方向(縦方向)の曲がりをロール、水平方向(横方向)の曲がりをバルジと呼びます。
バルジとロールは「ギア効果」に基づく打点のバラツキによる飛び方向のバラツキを減少させる方向修正効果をもたらします。
あまがみ
あまがみ

バルジとロールは昔からある機能ですが、近年ではテーラーメイドがこの機能の進化版「ツイストフェース」を開発したことで認知されるようになりました!

超極薄の反発フェース

G430MAXフェース
G430MAXフェース

フェースはFORGED T9S+チタンフェースを使用することで超極薄の反発フェースが実現。

大きくたわむことにより、高い反発性と許容性が生まれます。

あまがみ
あまがみ

前作より中心部が6%、周辺部分が9%薄くなっているそうです!

快音を生み出す新サウンドリブ搭載

ヘッド内部に大型のリブを搭載することで余計な振動を抑え、打感や打球音の向上を図っています

あまがみ
あまがみ

個人的にはG430MAXの打球音改善には驚きました!

軽量でも慣性モーメントを維持しているゴールデンバランス

G430HLは通常のG430シリーズと極力慣性モーメントを維持するために、G430シリーズと同じヘッドを採用。

ヘッド後方部のウェイト、シャフト、グリップを総合的に軽量化し、軽量クラブでありながら上下左右MOI値8,700cm²を超えるヘッドで高い安定性を実現しています!

あまがみ
あまがみ

まさにゴールデンバランス!ゆえにG430HLシリーズはシャフト、グリップの変更は不可になっています!

最後にPING44公式YouTubeの紹介動画です。

PING G430シリーズドライバーのSNSでの評価

あまがみ
あまがみ

シャフト長のみカスタマイズできるので、女性用に45.0インチとかはマジでお勧めです!

あまがみ
あまがみ

女性の使用率が多くなりそう!

あまがみ
あまがみ

軽量&長尺でヘッドでスピードが上がる方が多いです!

こんな方にPING G430HLシリーズがおすすめ!

最後にまとめです。

結果的に言うと

こんな方は一旦様子見
  • ヘッドスピードが40ms以上のゴルファー
  • 定価がかなり上がったので予算に見合わない
長尺クラブですが短くカスタマズ可能です!
こんな方にG430HLシリーズドライバーがおすすめ
  • 通常のG430だと重たいと感じるゴルファー
  • 軽量&長尺でヘッドスピードを上げたい
  • 女性でもGle2ではなくG430を使いたい!
  • 先調子、先中調子のクラブを使いたい
  • 方向性を安定させたい
  • 高弾道で飛ばしたい
  • 振り抜きやすいクラブが欲しい
  • ブレずに飛ばしたい
  • ピンは打球音が改善したら買おうと思っていた
  • すべてのレフティゴルファー
  • カッコいいクラブが欲しい

ピンはすべてのスペックでレフティのクラブのラインアップがあるブランドなので、レフティの方にはダントツおすすめのクラブです!

モデル別に紹介していくと、

G430HL MAXドライバーの評価

G430HLMAXドライバー評価
G430MAXドライバー評価
G430MAXの総合評価
低い
1
2
3
4
5
高い
推奨ヘッドスピード(MS)
低い
~30
34
38
42
45~
高い
こんな方にG430HL MAXがオススメ
  • とにかく左右にブレにくいドライバーがほしい
  • 高弾道で楽に飛ばしたい
  • ヘッドスピードに自信がないけどG430シリーズを使いたい
  • 振り抜きがよいドライバーを使いたい
  • 長尺シャフトでビックキャリーを狙いたい
  • 女性だけどG430を使いたい

G430HL SFTドライバー評価

G430HLSFTドライバー評価
G430SFTドライバー評価
G430SFTの総合評価
低い
1
2
3
4
5
高い
推奨ヘッドスピード(MS)
低い
~30
34
38
42
45~
高い
こんな方にG430HLSFTがオススメ
  • ヘッドスピードに自信がないけどG430を使ってみたい
  • ハイドロー弾道を安定して打ちたい
  • 軽量クラブで楽に打ちたい
  • 長尺シャフトでビックキャリーを狙いたい
  • スライスをしたくないけど引っかかりも嫌だ
  • 女性でもG430シリーズを使いたい
\G430ドライバーの評価はこちら/
\G430フェアウェイウッドの評価はこちら/
\G430アイアンの評価はこちら/
\G430HBの評価はこちら/

G430HLドライバーにMOI値10,000g・㎠オーバーの10Kシリーズが登場!

PING G430シリーズにあうボールは

タイトリストのTSRに合うボールを2つ紹介します!

キャロウェイERCSOFT

高弾道ドライバーには飛距離性能が高く最低限のスピン量を維持してくれるキャロウェイのERCSOFTがおすすめです♪

プリセプト PR-1

ブリヂストンから発売されているプリセプトPR-1

アイオノマーカバーながら、ウレタンカバーに近いスピン性能があります。

イメージ的にはブリヂストンのTourBとJGRの中間のようなボールでG430のクラブの性能を最大限に引き出してくれるボールです!

G430HLシリーズでもハードスペックに感じたり、女性らしいデザインを求める方はPINGの女性専用モデルGLE3がオススメです♪

PINGのG430シリーズはは空力に重点を置いたクラブなので、ハドラスコーティングが効果的です!

あまがみ
あまがみ

本日はここまで!

最後まで見て頂きありがとうございます♪

ゴルフクラブドライバー
広告
\SHARE/
あまがみをフォローする
あまがみ

10年以上大手スポーツ量販店でゴルフクラブフィッターとして勤務している『あまがみ』が失敗しないゴルフ&スポーツ用品選びをサポートします。趣味でビアンキのルポというメーカーのロードバイク(シクロクロス)を乗っており、ときどきポタリングの報告もします!シングルファーザーで仕事と子育てとブログの両立を目指し日々奮闘中です!

あまがみをフォローする

コメント

  1. あまがみ あまがみ より:

    疑問、質問、相談ありましたらコメント欄にどうぞ♪