【名馬伝説】競馬はスポーツだ。三冠馬とは?歴代牝馬三冠編。

競馬はスポーツだ。三冠馬とは?歴代牝馬三冠編。名馬伝説
この記事は約6分で読めます。
あまがみ
あまがみ

こんにちは、あまがみです!

@bianchilupo0805

いつもあまがみブログをご覧いただきありがとうございます。

競馬をスポーツと考えて優秀なサラブレッドを紹介する、あまがみの名馬伝説シリーズです。

前回の牡馬クラシック三冠に続き今回は牝馬クラシックの歴代三冠馬のご紹介です。

牡馬クラシック三冠馬はこちら↓

【感動名馬】競馬はスポーツだ!三冠馬とは?サラブレッドの魅力を伝える。クラシック牡馬編
こんにちは。あまがみです。皆さんは「競馬」と聞いてどう思いますか?真っ先に思いつくのは「ギャンブル」だと思います。しかし、競馬はボクシングのボクサーのようにストイックに心身を作り、レース(試合)にすべてを注ぐピュアなスポーツです。またその血を受け継ぎ進化するブラッドスポーツでもあります。スポーツとしての競馬を知ってもらうため、今回はクラシック三冠馬の紹介をいたします!

クラシック牝馬三冠の条件

牡馬三冠クラシック同様、3歳馬の春から秋にかけて行われるGⅠレース3つをすべて勝利することです。

そのレースが

牝馬三冠の対象レース
  • 桜花賞→1600m(阪神競馬場)
  • オークス→2400m(東京競馬場)
  • 秋華賞→2000m(京都競馬場)※1995年以前はエリザベス女王杯

です。牡馬クラシック同様競争距離の幅も広く、開催期間も短いため絶対的な能力差が必要になります。

クラシック牝馬3冠達成馬

クラシック牝馬三冠を達成したのは以下の過去5頭です。

歴代牝馬三冠
  • メジロラモーヌ(1986年)
  • スティルインラブ(2003年)
  • アパパネ(2010年)
  • ジェンティルドンナ(2012年)
  • アーモンドアイ(2018年)

ですね、牝馬の場合、古馬になると、筋肉量とか牡馬と生理的に変わってくるので、クラシック以降の活躍が難しくなっています。

あまがみ
あまがみ

馬の3歳は高校3年生くらいかな?

人間でも高校生くらいから、男女の体のつくりの違いがはっきりしてきますからね。

あまがみ
あまがみ

しかし、例外的に牡馬を圧倒する牝馬も存在しますし、上記の馬の中にも存在します!

それでは各馬紹介していきましょう。

『美魔女』メジロラモーヌ

ラモーヌ

netkeiba.com

メジロラモーヌ
  • 父 モガミ
  • 母 メジロヒリュウ
  • 毛色 青鹿毛
  • 通算成績 12戦9勝
  • 主な勝鞍 牝馬3冠

日本歴史上初の牝馬三冠、非常に美しい青鹿毛の馬体で、『美魔女』とか『魔性』とか呼ばれていました。

当時、牝馬のクラシックは調整が非常に難しく、体調維持が難しい時代で、メジロラモーヌも例外ではなく、調整が上手くいかず、体調を維持できない状態でも、きっちり勝ち切る圧倒的な能力差がありました。古馬相手でも渡り合える能力がありましたが、馬主の意向により、3歳(当時の4歳)で引退となりました。エリザベス女王杯での唯一の牝馬三冠馬です。

嫉妬すら追いつかない、憧れすら届かないメジロラモーヌでした。

スティルインラブ

インラブ

netkeiba.com

スティルインラブ
  • 父 サンデーサイレンス
  • 母 ブラダマンテ
  • 毛色 黒鹿毛
  • 通算成績 16戦5勝
  • 主な勝鞍 牝馬3冠

3冠牝馬の定義がエリザベス女王杯から秋華賞へ変更になってから初めての牝馬3冠馬、

ライバルアドマイヤグルーヴとの死闘を制して3冠牝馬になったが、古馬になっての牡馬との戦いには苦戦した。

アパパネ

アパパネ

netkeiba.com

  • 父 キングカメハネハ
  • 母 ソルティビット
  • 毛色 鹿毛
  • 通算成績 19戦7勝
  • 主な勝鞍 阪神ジュベナイルF、牝馬3冠、ヴィクトリアマイル

初めて牝馬3冠以外でGⅠタイトルを獲得した牝馬(すべて牝馬限定GⅠ)エリザベス女王杯を制したら、国内牝馬限定GⅠの完全制覇だったが、3着に敗れてしまった。

またオークス時のサンテミリオンとの壮絶なたたき合いの後、15分の写真判定の末、JRAのGⅠ史上初の一着同着となりました。

あまがみ
あまがみ

当時見ていて、『みどりのマキバオー』かよ!と叫びましたね♪

ブエナビスタなど同じ牝馬でもしっかりしたライバルがいた中での牝馬GⅠ5勝は歴代牝馬最強の議題にも入る一頭ですね♪

2010 オークス
2010年オークス

ジェンティルドンナ

ジェンティルドンナ

netkeiba.com

ジェンティルドンナ
  • 父 ディープインパクト
  • 母 ドナブリーニ
  • 毛色 黒鹿毛
  • 通算成績 19戦10勝
  • 主な勝鞍 牝馬三冠、ジャパンカップ、ドバイシーマクラシック、有馬記念

前回牡馬三冠で紹介した「ディープインパクト」の子供、つまり親子での3冠制覇である。

あまがみ
あまがみ

実はすごいことですよね!

ジェンティルドンナは歴代最強牝馬と呼ばれることが多いサラブレッドです。

理由としては、今までの牝馬三冠馬は、牝馬相手には絶対的な強さがありましたが、古馬になったり、牡馬との戦いになると、通用しないということがありました。

そんな中、このジェンティルドンナは牝馬三冠馬でありながら、牡馬相手にもGⅠを勝っています。

しかも歴代最強馬の議論に挙がる牡馬三冠のオルフェーブルやゴールドシップやジャスタウェイなどの強豪牡馬を抑えてのGⅠ勝利は本当に価値のあるものです。

さらに、海外GⅠのドバイシーマクラシックも制し、気が付けばGⅠ7勝と牝馬では獲得賞金日本歴代一位で歴代最強牝馬と呼ばれるにふさわしい戦歴と強さを誇ったサラブレッドでした。

2012 ジャパンカップ
2012ジャパンカップ

アーモンドアイ

アーモンドアイ

netkeiba.com

アーモンドアイ
  • 父 ロードカナロア
  • 母 フサイチパンドラ
  • 毛色 鹿毛
  • 通算成績 11戦8勝(現役中)
  • 主な勝鞍 牝馬三冠、ジャパンカップ、ドバイターフクラシック、天皇賞(秋)

まだ現域中に関わらず、早くもジェンティルドンナに並び、歴代最強牝馬候補に挙がっているサラブレッド。

シャドーロールを装着しているので、ナリタブライアンを彷彿させるが、走りはムチ一発で異次元の加速を発揮する様は、ディープインパクトにも近い。

現在の戦歴もジェンティルドンナに近く、シンザン記念で牡馬を蹴散らしてからの牝馬三冠、その年のうちにジャパンカップを制覇、海外遠征でドバイのレースを勝利、有馬記念は距離適性もあって9着に敗れたが、前走の天皇賞(秋)は快勝しています。

しかし、アーモンドアイの一番の魅力は、

ディープインパクト並みの加速力!

桜花賞はムチを使わず差し切り勝ち、

ジャパンカップは超ハイペースで逃げるキズナを差し切り、驚愕の世界レコード2分20秒6の時計で勝ち切る怪物ぶり!

翌年の天皇賞(秋)も稍重馬場ながら1分56秒1とレコードコンマ1秒に迫る勝利と、とにかく「強い!」と思わせる勝ち方をする馬です。

あまがみ
あまがみ

レース系の動画で驚愕したのは競馬のアーモンドアイと自転車のカンチェラーラくらいです(笑)

おそらくですが、2020シーズンも続投すると思われますので、今回の有馬記念で多少評価が下がったようですが、個人的には歴代最強馬の候補と思っているので、さらに活躍し、歴代最強馬の称号を手にしてほしいです。

2018 桜花賞
2018桜花賞

最後に

これで、クラシック牝馬三冠馬の紹介は終わりましたが、牝馬3冠を達成していない牝馬でも強い牝馬はたくさんいます!

あまがみ
あまがみ

ウオッカとかダイワスカーレットとかね♪

追々、そういう魅力的なサラブレッドも紹介していきたいと思います!

競馬はスポーツだ!

コメント

スマホやゴルフクラブ自転車フレームの保護はガラスコーティング!
詳細はコチラ
スマホやゴルフクラブ、自転車フレームの保護はガラスコーティング!
詳細はコチラ
タイトルとURLをコピーしました