【ゴルフ用語】球の上り具合やバックスピン量に影響する『重心高』とは?

球の上り具合やバックスピン量に影響する『重心高』とは?ゴルフ
この記事は約3分で読めます。
あまがみ
あまがみ

こんにちは、あまがみです!

@bianchilupo0805

いつも、あまがみブログをご覧いただきありがとうございます!



ゴルフクラブを選ぶとき、「クラブスペック」を見て性能を判断する場合が多いですよね?でも、実際クラブスペックの意味ってよく分からない!ってゴルファーも多いと思います。

そこでクラブスペックを少しでも理解できるように、まとめてみようと思います。クラブスペックの項目はたくさんありますので、項目ごとにシリーズ化していきます。

ビアンキ
ビアンキ

本日は重心高について説明します!

重心高とは?

重心高

重心高とは ヘッドの重心からフェース面に垂直に引いた線とフェース面とが交わる点から、リーディングエッジまでの距離です。

重心高の影響


アイアン、ユーティリティー、フェアウェイウッドなどのように、芝の上のボールを打つクラブの 場合には、一般的に、低重心の方がスイートスポットでボールをヒットし易く、やさしいクラブで あると言えます。

ビアンキ
ビアンキ

そして、重心高はスピン量に大きく影響します!

重心位置よりも高い位置でボールをヒットすると低スピンになり、重心位置よりも低い位置でボー ルをヒットすると高スピンになります。

重心高と合わせてロフト角も球の上りとバックスピンに影響を与える数値になり、重心高とロフトの組み合わせが性能を語るうえで重要な要素になります。

【ゴルフ用語】 ゴルフスペックで最も重要?「ロフト角」とは?ロフトと飛距離、スピン量の関係性に迫る。
ゴルフクラブ選びって難しいですよね…値段が張るので、失敗できないですし、スペックを見ても用語が難しかったり…そこでクラブスペックをわかりやすく説明していきたいと思います。今回はロフト編です。ロフトはクラブ選びの点では重要な項目になりますので、ぜひ参考にしてください。

以前ご紹介した飛びの3要素の一つであるスピン量に影響があります。
ドライバーのヘッドスピードが45m s以下の場合は、2500回転以下が良いと言われていますが、これ以上の回転数の人は重心よりも低い位置でヒットしている可能性があります。

ティーの高さなどで調整するだけで、スピン量を変えることができるので覚えておきましょう。
ヘッドスピードが45m s以上のプレイヤーの場合、インパクトの瞬間に、ボールがクラブフェース上を滑る動きが大きいため、必要以上に低重心である必要はありません。逆に、あまりにも低重心すぎると、重心よりも高い位置でボールを打ってしまい、バックスピンの少ないボールになってドロップが出てしまう可能性があります。



1990年代のドライバーと比べ現在のドライバーは約5mmほど重心高が高くなっています!

ビアンキ
ビアンキ

昔と比べヘッドが大きくなっている分、重心高も高くなっています。

そして、ドライバーはヘッドが最下点を通過してからボールにヒット(アッパーブロー)するので、 昔と比べティーは高めにするのが良いでしょう。

適性のバックスピン量が出ない場合はティの高さを調整してみてください。

↓適性のバックスピン量はこちら。

https://bianchilupo.com/golf-driver-beginner-recommend

コメント

スマホやゴルフクラブ自転車フレームの保護はガラスコーティング!
詳細はコチラ
スマホやゴルフクラブ、自転車フレームの保護はガラスコーティング!
詳細はコチラ
タイトルとURLをコピーしました