【ゴルフ用語】ボールのつかまりに影響する、フェースプログレッション『FP値』とは?

フェースプログレッション『FP値』とは?ゴルフ
この記事は約4分で読めます。
あまがみ
あまがみ

こんにちは、あまがみです!

@bianchilupo0805

いつも、あまがみブログをご覧いただきありがとうございます!

ゴルフクラブを選ぶとき、「クラブスペック」を見て性能を判断する場合が多いですよね?でも、実際クラブスペックの意味ってよく分からない!ってゴルファーも多いと思います。

そこでクラブスペックを少しでも理解できるように、まとめてみようと思います。クラブスペックの項目はたくさんありますので、項目ごとにシリーズ化していきます。

今回はフェースプログレッション(FP)値の説明です

フェースプログレッション(FP値)とは。

ビアンキ
ビアンキ

主にアイアンやウエッジで使用される数値だよ!

フェースプログレッションとはFP値と言われることが多く、シャフトの中心軸線からリーディングエ ッジまでの距離を言います。主にアイアンにおいて重要視されることが多いです。 下の図で確認してください。

FP値
ビアンキ
ビアンキ

ストレートネックかグースネックかはこの数値で決まります!

アイアンの「グースネック」と「ストレートネック」は、フェースプログレッションが小さければ(シャフト軸線よりも後ろにリーディングエッジがきた場合はマイナス値になります)、そのアイアンはグースネックであり、フェースプログレッションが大きければ、そのアイアンはストレートネックです。

FP値に対するアイアンの影響

グースネックのアイアンは重心角が大きい傾向にあり、ストレートネックのアイアンは重心角が小さい傾向にあります。重心角度の回で解説したように、重心角は大きい方が球の捕まりが良いです。仮に重心距離
が等しい2つのモデルのアイアンがあったとしたら、グースネックのアイアンは球の捕まりが良くなり、ストレートネックのアイアンは球の捕まりが悪くなります。

またグースネックのアイアンは、ストレートネックのアイアンに比べて、リーディングエッジが
何mmか後ろにあるため、インパクトの瞬間がほんの一瞬だけ遅くなり、その間にフェースはほんの少しだけターンするので、その分ほんの少しだけ、球の捕まりが良くなります。ただし、この影響はほんの微々たるものであり、勘違いされている人も多いかと思います。

このようにアイアンにおいて、FP値と重心角は密接な関係があると言われています。

簡単に言えば
FP値の大きいアイアン → 重心角が小さい
FP値の小さいアイアン → 重心角が大きい
の式が成り立ちます。

【初心者向】ゴルフ用語集、球のつかまりに直結する重心角度とは?
ゴルフクラブ選びをするうえで、知っておかなければならないクラブスペック、ゴルフクラブには様々なスペック項目があり、困ってしまいます。あまがみブログではクラブスペックの項目をできるだけわかりやすく、説明します!今回は球の掴まりに影響する「重心角度」の説明になります。
ビアンキ
ビアンキ

フェースが遅れてくる影響より、重心角の影響で

掴まりが良いということだね♪

一般的には

4.0mm前後以上はストレートネック
3.5mm前後はセミグースネック
3.0mm前後以下はグースネック と定義致します。

では、ダンロップのクラブで例を挙げてみましょう。

モデル名FP値重心角
ゼクシオ

1,5mm

13,7°
スリクソン4,0mm9,6°

見た目からもゼクシオはグースネックになっていて、重心角度が大きく スリクソンはストレートネックで重心角度が小さくなっています。 その差は4.1°で、この2つのクラブを同じようにして、同じようなボールを打つことは難しいでしょう。

ビアンキ
ビアンキ

数値上もそうですが、構えた見た目も全く変わってきますよ!




FP値に対するウエッジの影響


ストレートネックのものを通称「出っ歯」と言われていて、グースネックは、そのままグースネックと言われています。

ビアンキ
ビアンキ

ウエッジのストレートネックとグースネックは

明確な違いがあります!

最近では「出っ歯」と言われるストレートネックが主流になってきました。
15年以上前は、グースネックのウェッジが主流だったのだけれど、この数年で変化がでてきました。

一般的に洋芝はストレートネックが球を拾いやすいと言われていて、日本のゴルフ場にある高麗芝はグースネックのほうが球を拾いやすいと言われています。
洋芝はボールが沈みやすく、高麗芝はボールが浮きやすいという性質があるため、15年以上前は、高麗芝が多かった日本のゴルフ場を攻略するため、グースネックのウェッジの人気があったと思われていました。

ビアンキ
ビアンキ

ウエッジは特に芝の影響が出ますからね!

フワッっとボールを上げてアプローチしたい人はストレートネック、ボールを低く出して転がすアプローチをしたい人はグースネック が良いと思います。

また、FP値は、見た目に大きく影響する数値です。

ゴルフはアドレス時に違和感があると、スイングのバランスが崩れてしまいますので、見た目も非常に重要ですので、そちらも重要視してみてください!

コメント

スマホやゴルフクラブ自転車フレームの保護はガラスコーティング!
詳細はコチラ
スマホやゴルフクラブ、自転車フレームの保護はガラスコーティング!
詳細はコチラ
タイトルとURLをコピーしました